RHEL 6:MRG(RHSA-2017:0113)

critical Nessus プラグイン ID 96595
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtに対する更新はRed Hat Enterprise MRG 2.5で現在利用可能です。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。kernel-rtパッケージは、バージョン3.10.0-514にアップグレードされています。このバージョンでは、以前のバージョンの多くのバグとセキュリティの修正を提供します。(BZ#1400193)セキュリティ修正プログラム:* カーネルのsocket recvmmsgサブシステムに、メモリ解放後使用(Use After Free)の脆弱性が見つかりました。これにより、リモートの攻撃者がメモリを破損させたり、任意のコードを実行する可能性があります。この破損は、__sys_recvmmsg()関数内のエラー処理ルーチンで発生します。(CVE-2016-7117、重要度高)* メモリ解放後使用(use-after-free)の脆弱性が、tcp_xmit_retransmit_queueおよび他のtcp_*の関数で見つかりました。この状態では攻撃者が既存の接続に対して不適切な選択的受信確認を送信し、接続がリセットされる可能性があります。(CVE-2016-6828、重要度中)* Linuxカーネルのsctpプロトコルの実装に欠陥が見つかり、リモートの攻撃者が最大64kBのオフセットで領域外読み取りをトリガーする可能性があります。これは、ページフォルトでマシンにパニックを発生させる可能性があります。(CVE-2016-9555、重要度中)バグ修正プログラム:*以前は、スリープロックがアトミックコンテキストで取得されたとき、リアルタイムカーネルからのコンソール警告が生成されていました。今回の更新プログラムで、このコンテキストではスリープロックを取得しないようにコードが修正されました。その結果、コンソール警告は生成されなくなりました。(BZ#1378982)* 以前は、デバイスマッパー(DM)サブシステムは、リアルタイムカーネルがプリエンプションのスピンロックの動作方法を変更することを通知されていませんでした。これは、割り込みリクエスト(IRQ)チェックがリアルタイムカーネルで無効だったため、dm-multipathカーネルモジュールが読み込まれたときにカーネルパニックを引き起こしました。このチェックは修正され、dm-multipathモジュールを有効にした状態でシステムを正しく起動できるようになりました。(BZ#1400305)* 以前は、カーネルスケジューラに実行可能なゼロ除算があるため、カーネルパニックがときどき発生する可能性がありました。このバグは、新しい div64_ul() 除算関数を定義し、proc_sched_show_task() 関数の影響を受ける計算を修正することにより修正されました。(BZ#1400975)* 標準のLinuxカーネルとは異なり、リアルタイムカーネルは割り込みサービスルーチンドライバー内の割り込みを無効にしません。この違いのため、IRQを有効にした状態で、割り込みリクエスト(IRQ)をオフにするためのNew API(NAPI)関数が実際に呼び出されていました。その結果、NAPIポーリングリストが破損していたため、ネットワークカードが不適切に操作され、カーネルがハングする可能性がありました。この更新プログラムでは、NAPI機能が修正され、ポーリングリストの変更が保護されることで、ネットワークカードドライバーが正しく動作できるようになりました。(BZ#1401779)拡張機能:*この更新プログラムでは、CONFIG_SLUB_DEBUGおよびCONFIG_SLABINFOカーネル設定オプションがリアルタイムカーネルで有効になりました。これらのオプションはSLUBアロケータのデバッグとスラブ情報の追跡を有効にします。これはカーネルのメモリ割り当ての問題を調査するときに役立ちます。(BZ#1357997)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/vulnerabilities/DirtyCow

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:0113

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-6828

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7117

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9555

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-13167

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 96595

ファイル名: redhat-RHSA-2017-0113.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/18

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/17

脆弱性公開日: 2016/10/10

参照情報

CVE: CVE-2016-6828, CVE-2016-7117, CVE-2016-9555, CVE-2017-13167

RHSA: 2017:0113