Oracle GlassFish Server 2.1.1.x < 2.1.1.30/3.0.1.x < 3.0.1.15/3.1.2.x < 3.1.2.16の複数の脆弱性(2017年1月CPU)

high Nessus プラグイン ID 96624

概要

リモートのWebサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストで実行されているOracle GlassFish Serverは、2.1.1.30より前の2.1.1.x、3.0.1.15より前の3.0.1.x、3.1.2.16より前の3.1.2.xです。したがって、複数の脆弱性による影響を受けます。- セキュリティサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-5528)- Administrationサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があるため、ローカルの攻撃者が秘密情報を漏えいする可能性があります。バージョン2.1.1.xは、この脆弱性の影響を受けません。(CVE-2017-3239)- コアサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者が、許可されていないデータの更新、挿入、削除をSMTPで実行する可能性があります。(CVE-2017-3247)- セキュリティのサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者が許可されていないデータの更新、挿入、削除をLDAPで実行する可能性があります。さらに、攻撃者は部分的にサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3249)- セキュリティのサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者が許可されていないデータの実行、挿入、削除をHTTPで実行する可能性があります。さらに、攻撃者は部分的にサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3250)

ソリューション

2017年1月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに記載されているとおり、Oracle GlassFish Serverバージョン2.1.1.30/3.0.1.15/3.1.2.16以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?89a8e429

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96624

ファイル名: glassfish_cpu_jan_2017.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2017/1/19

更新日: 2019/11/13

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3250

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:glassfish_server

必要な KB アイテム: www/glassfish

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/17

脆弱性公開日: 2017/1/17

参照情報

CVE: CVE-2016-5528, CVE-2017-3239, CVE-2017-3247, CVE-2017-3249, CVE-2017-3250

BID: 95478, 95480, 95483, 95484, 95493