Fedora 25:2: qemu(2017-b953d4d3a4)

high Nessus プラグイン ID 96677

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

- CVE-2016-6836:vmxnet:vmxnet3_complete_packetでの情報漏洩(bz #1366370)

- CVE-2016-7909:pcnet:pcnet_rdra_addrの無限ループ(bz #1381196)

- CVE-2016-7994:virtio-gpu:resource_create_2dにおけるメモリリーク(bz #1382667)

- CVE-2016-8577:9pfs:v9fs_readにおけるホストメモリ漏洩(bz #1383286)

- CVE-2016-8578:9pfs:9pfsルーチンの潜在的なNULLデリファレンス(bz #1383292)

- CVE-2016-8668:ロッカースイッチエミュレーションにおけるOOBバッファアクセス(bz #1384898)

- CVE-2016-8669:serial_update_parametersのゼロ除算エラー(bz #1384911)

- CVE-2016-8909:intel-hda:dmaバッファストリームの無限ループ(bz #1388053)

- a9_gtimer_updateにおける無限ループの脆弱性(bz #1388300)

- CVE-2016-9101:eepro100:デバイスunplugのメモリリーク(bz #1389539)

- CVE-2016-9103:9pfs:xattrによる情報漏洩(bz #1389643)

- CVE-2016-9102:9pfs:拡張属性を作成する際のメモリ漏洩(bz #1389551)

- CVE-2016-9104:9pfs:OOBアクセスにつながる整数オーバーフロー(bz #1389687)

- CVE-2016-9105:9pfs:v9fs_linkにおけるホストメモリ漏洩(bz #1389704)

- CVE-2016-9106:9pfs:v9fs_writeにおけるホストメモリ漏洩(bz #1389713)

- CVE-2016-9381:xen:共有リング処理について不注意(bz #1397385)

- CVE-2016-9921:cirrus_do_copyのゼロ除算の脆弱性(bz #1399054)

- CVE-2016-9776:mcf_fec_receiveでデータを受信する際の無限ループ(bz #1400830)

- CVE-2016-9845:virgl_cmd_get_capset_infoでの情報漏洩(bz #1402247)

- CVE-2016-9846:virtio-gpu:カーソルデータの更新中のメモリ漏洩(bz #1402258)

- CVE-2016-9907:usbredir:リダイレクタを破壊する際のメモリ漏洩(bz #1402266)

- CVE-2016-9911:usb: ehci:ehci_init_transferにおけるメモリ漏洩(bz#1402273)

- CVE-2016-9913:9pfs:プロキシ/ハンドルコールバックを通じたメモリ漏洩(bz #1402277)

- CVE-2016-10028:virtio-gpu-3d:virgl機能の読み取り中のOOBアクセス(bz #1406368)

- CVE-2016-9908:virtio-gpu:virgl_cmd_get_capsetでの情報漏洩(bz #1402263)

- CVE-2016-9912:virtio-gpu:gpuリソースを破壊する際のメモリ漏洩(bz #1402285)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける2: qemuパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2017-b953d4d3a4

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96677

ファイル名: fedora_2017-b953d4d3a4.nasl

バージョン: 3.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/23

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:2:qemu, cpe:/o:fedoraproject:fedora:25

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2017/1/20

脆弱性公開日: 2016/10/5

参照情報

CVE: CVE-2016-10028, CVE-2016-6836, CVE-2016-7909, CVE-2016-7994, CVE-2016-8577, CVE-2016-8578, CVE-2016-8668, CVE-2016-8669, CVE-2016-8909, CVE-2016-9101, CVE-2016-9102, CVE-2016-9103, CVE-2016-9104, CVE-2016-9105, CVE-2016-9106, CVE-2016-9381, CVE-2016-9776, CVE-2016-9845, CVE-2016-9846, CVE-2016-9907, CVE-2016-9908, CVE-2016-9911, CVE-2016-9912, CVE-2016-9913, CVE-2016-9921