Debian DSA-3772-1 : libxpm - セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 96819

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Tobias Stoeckmann 氏は、libXpm ライブラリに2つの整数オーバーフローの欠陥があり、これにより、ファイル内の XPM 拡張機能の解析中にヒープの領域外書き込みが発生する可能性があることを発見しました。攻撃者が、libXpm ライブラリを使用するアプリケーションによって処理されたときにアプリケーションに対してサービス拒否を引き起こしたり、アプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性がある、特別に細工された XPM ファイルを提供する可能性があります。

ソリューション

libxpm パッケージをアップグレードしてください。安定版 (stable) ディストリビューション (jessie) では、この問題は、バージョン 1:3.5.12-0+deb8u1 で修正済みです。このアップデートは、追加のバグ修正を含む libxpm の新しい Upstream バージョンに基づいています。

関連情報

https://packages.debian.org/source/jessie/libxpm

https://www.debian.org/security/2017/dsa-3772

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 96819

ファイル名: debian_DSA-3772.nasl

バージョン: 3.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/27

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libxpm, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/26

参照情報

CVE: CVE-2016-10164

DSA: 3772