Ubuntu 14.04LTS / 16.04LTS: Thunderbird の脆弱性 (USN-3165-1)

critical Nessus プラグイン ID 96871

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

メモリの安全性に関する複数の問題がThunderbirdで発見されました。ユーザーが誘導されて特別に細工されたメッセージを開くと、攻撃者がこれらの脆弱性を悪用してアプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-9893、CVE-2017-5373)

コンテンツセキュリティポリシー (CSP) では、インライン JavaScript が許可されていないにもかかわらず、<marquee>要素のイベントハンドラーが実行されることを Andrew Krasichkov 氏が発見しました。ユーザーが誘導されて、特別に細工されたWebサイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこの脆弱性を悪用してクロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。
(CVE-2016-9895)

特定の状況でWebGLでメモリが破損する問題が発見されました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-9897)

エディターでDOMサブツリーを操作するとき、メモリ解放後使用 (use-after-free) が発生することがわかりました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-9898)

DOMのイベントとオーディオの要素を操作するとき、メモリ解放後使用 (use-after-free) が発生することがわかりました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-9899)

SVG画像のロード時にブロックする必要がある外部リソースがdata: URL を通してローカルコンテンツを読み込もうとする可能性があることがわかりました。
攻撃者がこれを悪用し、秘密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-9900)

JavaScript Map/Setがタイミング攻撃に対して脆弱であることをJann Horn氏が発見しました。ユーザーが誘導されて特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、秘密情報をさまざまなドメインで入手する可能性があります。(CVE-2016-9904)

サブ文書の追加または削除中、EnumerateSubDocumentsでクラッシュが発生することがわかりました。ユーザーが誘導されて特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用して任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-9905)

特定の状況では、JITコードの割り当てによりASLR保護がバイパスされる可能性があります。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-5375)

Nicolas Gregoire氏は、特定の状況でXSLT文書のXSLを操作するときのメモリ解放後使用 (use-after-free) を発見しました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-5376)

ページ間で共有されるJavaScriptオブジェクトのハッシュコードを利用し、オブジェクトのアドレスを検出できる可能性があることをJann Horn氏が発見しました。ユーザーが誘導されて特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、秘密情報を入手する可能性があります。(CVE-2017-5378)

特定の状況で、SVGコンテンツのDOM操作中、メモリ解放後使用 (use-after-free) が発生することがわかりました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-5380)

特定のUnicode文字でpunycode表示がトリガーされないことをArmin Razmjou氏が発見しました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用して URL バーの内容を偽装する可能性があります。(CVE-2017-5383)

Dev Tools JSON Viewerに安全ではない通信方式があることをJerri Rice氏が発見しました。攻撃者がこれを悪用し、追加の権限を得る可能性があります。(CVE-2017-5390)

特定の状況でMedia Decoderにメモリ解放後使用 (use-after-free) が発生することをFilipe Gomes氏が発見しました。ユーザーが誘導され、特別に細工された Web サイトを参照コンテキストで開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションをクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-5396)。

注意: Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenable では、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-3165-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 96871

ファイル名: ubuntu_USN-3165-1.nasl

バージョン: 3.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/30

更新日: 2023/10/20

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2017-5396

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-globalmenu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-gnome-support, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-af, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ar, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ast, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-be, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bg, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bn-bd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-br, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ca, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-cs, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-cy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-da, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-de, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-dsb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-el, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en-gb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en-us, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es-ar, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es-es, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-et, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-eu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fy-nl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ga, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ga-ie, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-gd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-gl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-he, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hsb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-id, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-is, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-it, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ja, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ka, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ko, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-lt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-mk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nb-no, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nn-no, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pa, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pa-in, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-testsuite, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-calendar-timezones, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-gdata-provider, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-lightning, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt-br, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt-pt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-rm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ro, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ru, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-si, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sq, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sv, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sv-se, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ta, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ta-lk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-tr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-uk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-vi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-cn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-hans, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-hant, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-tw, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-mozsymbols

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/27

脆弱性公開日: 2018/6/11

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2016-9893, CVE-2016-9895, CVE-2016-9897, CVE-2016-9898, CVE-2016-9899, CVE-2016-9900, CVE-2016-9904, CVE-2016-9905, CVE-2017-5373, CVE-2017-5375, CVE-2017-5376, CVE-2017-5378, CVE-2017-5380, CVE-2017-5383, CVE-2017-5390, CVE-2017-5396

USN: 3165-1