OpenSSL 1.0.2 < 1.0.2kの複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 96873

概要

リモートホストで実行されているサービスは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートホストで実行しているOpenSSLのバージョンは、1.0.2kより前の1.0.2です。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- 256ビットより長いビット数で割り切れる入力長を処理するとき、桁上げ伝播のエラーがBroadwell固有のモントゴメリ乗算プロシージャにあります。これにより、一時的な認証やキーネゴシエーションの失敗、または特別に細工された入力による公開鍵操作の再現可能なエラー結果が生じる可能性があります。中間にいる攻撃者はこれを悪用し、Brainpool P-512カーブを利用するECDHキーネゴシエーションを侵害する可能性があります。(CVE-2016-7055)- CHACHA20/POLY1305またはRC4-MD5暗号を使用してパケットを処理するとき、領域外読み取りエラーがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された切り捨てられたパケットを通じて、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3731)- BN_mod_exp()関数が不適切な結果を生成する原因となる、桁上げ伝播のエラーがx86_64 Montgomery積算の実装にあります。十分なリソースを持つ認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、秘密鍵に関する秘密情報を取得する可能性があります。この問題はCVE-2015-3193と非常によく似ています。さらに永続的なDHパラメーターと複数のクライアントで共有される秘密鍵があるシナリオでは、攻撃者は標的の秘密鍵を使用して、パッチが適用されていないシステムにオンラインでアクセスする必要があります。たとえば、これはOpenSSL DHEベースのSSL/TLS暗号スイートでデフォルトで発生する可能性があります。(CVE-2017-3732)

ソリューション

OpenSSLバージョン1.0.2k以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20170126.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 96873

ファイル名: openssl_1_0_2k.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2017/1/30

更新日: 2019/11/13

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3732

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openssl:openssl

必要な KB アイテム: openssl/port

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/26

脆弱性公開日: 2016/11/10

参照情報

CVE: CVE-2016-7055, CVE-2017-3731, CVE-2017-3732

BID: 94242, 95813, 95814