Advantech WebAccess SQLi

high Nessus プラグイン ID 96876
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートホストは、SQLインジェクションの脆弱性の影響を受けるWebアプリケーションを実行しています。

説明

リモートホストで実行されているAdvantech WebAccess Webサーバーは、updateTemplate.aspxページへのユーザー指定入力を適切にサニタイズできないために、WaExlViewer WebアプリケーションのSQLインジェクション(SQLi)の脆弱性の影響を受けます。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工された一連のHTTPリクエストを介して、Advantech WebAccessが使用する管理アカウントのパスワードを漏えいする可能性があります。攻撃者は、既存の認証バイパスの脆弱性(CVE-2017-5152)を利用することで、認証なしでこの脆弱性を悪用する可能性があるのでご注意ください。

Nessusは、SQLiの脆弱性(CVE-2017-5154)を悪用するために、認証バイパスの脆弱性(CVE-2017-5152)を悪用しました。

ソリューション

Advantech WebAccessバージョン8.2-2016.11.21以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/research/tra-2017-04

https://ics-cert.us-cert.gov/advisories/ICSA-17-012-01

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-17-043/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96876

ファイル名: scada_advantech_webaccess_cve-2017-5154.nbin

バージョン: 1.57

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2017/1/30

更新日: 2021/4/7

依存関係: scada_advantech_webaccess_cve-2017-5152.nbin

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:advantech:webaccess

必要な KB アイテム: scada_advantech_webaccess/auth_bypass

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2017/1/12

脆弱性公開日: 2017/1/12

参照情報

CVE: CVE-2017-5154

BID: 95410

ICSA: 17-012-01

TRA: TRA-2017-04

ZDI: ZDI-17-043