Apple TV < 10.1.1の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 96877
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートApple TVデバイスは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートデバイスのApple TVのバージョンは10.1.1より前です。したがって、次の複数の脆弱性による影響を受けます。- 特定の詳細不明な入力が不適切に検証されているため、util.cファイル内のbsdtar_expand_char()関数でlibarchiveにスタックベースのバッファオーバーフロー状態があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたアーカイブファイルを通じて、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-8687)- 例外を処理するときに、WebKitのプロトタイプアクセスに欠陥があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツを介して、オリジン間のデータを漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-2350)- 特定の詳細不明な入力が不適切に検証されているため、SearchInputTypeオブジェクトを処理するときに、WebKitに型の取り違えエラーがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2354)- 詳細不明なメモリ初期化の欠陥がWebKitにあるため、認証されていないリモートの攻撃者が特別に細工されたWebコンテンツを介して任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2355)- 詳細不明な入力が不適切に検証されているため、WebKitに複数のメモリ破損の問題があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツを介して任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2356、CVE-2017-2362、CVE-2017-2369、CVE-2017-2373)- host_self_trapマシントラップにuse-after-freeエラーがあります。ローカルの攻撃者がこれを悪用し、カーネルの権限で、特別に細工されたアプリケーションを通じてすでに解放されたメモリをデリファレンスすることによって、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2360)- 特定の詳細不明な入力が不適切に検証されているため、ページの読み込みを処理するときに、WebKitに欠陥があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツを介して、オリジン間のデータを漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-2363)- 特定の詳細不明な入力が不適切に検証されているため、変数を処理するとき、WebKitに欠陥があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツを介して、オリジン間のデータを漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-2365)- 詳細不明な入力が不適切に検証されているため、mach_voucher_extract_attr_recipe_trap()関数にヒープバッファオーバーフロー状態があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、カーネルの権限で、特別に細工されたアーカイブファイルを通じて、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-2370)脆弱性の影響を受けるのは、第4世代モジュールのみです。

ソリューション

Apple TVをバージョン10.1.1以降にアップグレードしてください。この更新プログラムは第4世代モデルでのみ利用可能です。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT207485

http://www.nessus.org/u?f1c5d4b2

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96877

ファイル名: appletv_10_1_1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/1/30

更新日: 2019/11/13

依存関係: appletv_version.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-2370

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:apple_tv

必要な KB アイテム: AppleTV/Version, AppleTV/Model, AppleTV/URL, AppleTV/Port

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/23

脆弱性公開日: 2016/9/11

参照情報

CVE: CVE-2016-8687, CVE-2017-2350, CVE-2017-2354, CVE-2017-2355, CVE-2017-2356, CVE-2017-2360, CVE-2017-2362, CVE-2017-2363, CVE-2017-2365, CVE-2017-2369, CVE-2017-2370, CVE-2017-2373

BID: 93781, 95727, 95728, 95729, 95731, 95736

APPLE-SA: APPLE-SA-2017-01-23-4