Microsoft Office のサポートされていないチャネルバージョンの検出

critical Nessus プラグイン ID 97085

概要

リモートホストには、Microsoft Office のサポートされていないチャネルバージョンが含まれています。

説明

そのチャネルバージョンによれば、リモート Windows ホストへの Microsoft Office および Microsoft Office Retail のインストールはもはやサポートされていません。各チャネルで現在サポートされているバージョンの詳細については、関連項目のリンクを参照してください。

-現在のチャネル:月に1回、月の第2火曜日に更新します。
現在のチャネルの任意のバージョンは、次のバージョンがリリースされるまで(通常は毎月)サポートされます。

-マンスリーエンタープライズチャネル:マンスリーエンタープライズチャネルの任意のバージョンが2か月間サポートされます。マンスリーエンタープライズチャネルは、常に 2 つのバージョンがサポートされています。

-半期エンタープライズチャネル(プレビュー):年に2回、3月と9月の第2火曜日、新機能と共にリリースされる(半期エンタープライズチャネルで、これらの同じ新機能がリリースされる4か月前)。

-半期エンタープライズチャネル:半期エンタープライズチャネルの任意のバージョンが14か月間サポートされます。これは、1月にリリースされた半期エンタープライズチャネルの新しいバージョンが、翌年の3月までサポートされ、7月のリリースは、翌年の9月までサポートされることを意味しています。サポートされているバージョンは常に2つあります。ただし、サポートされるバージョンが3つになる年の最初の2か月間は例外です。

サポートされていないため、この製品の新しいセキュリティパッチはベンダーからリリースされません。その結果、セキュリティの脆弱性が含まれている可能性があります。

ソリューション

現在サポートされている Microsoft Office のチャネルバージョンにアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?b09fa171

http://www.nessus.org/u?cebfe0cb

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 97085

ファイル名: microsoft_office_channel_unsupported.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2017/2/9

更新日: 2023/9/25

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: The product is no longer supported by vendor

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: manual

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 10

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, SMB/Office/365

参照情報

IAVA: 0001-A-0503