McAfee ePolicy Orchestrator 5.1.x <5.1.3 HF1167014/5.3.x <5.3.1 HF1179709/5.3.x <5.3.2 HF1167013 Blind SQLインジェクション(SB10187)

critical Nessus プラグイン ID 97352

概要

リモートのWindowsホストは、ブラインド SQLインジェクションの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストで、5.1.3修正プログラム1167014より前の5.1.x、5.3.1修正プログラム1179709より前の5.3.x、5.3.2修正プログラム1167013より前の5.3.xのいずれかのバージョンのMcAfee ePolicy Orchestratorが実行されています。したがって、詳細不明なパラメーターへのユーザー入力を適切にサニタイズできないため、ブラインドSQLインジェクションの脆弱性の影響をePolicy Orchestrator(ePO)コアサービスコンポーネントで受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用して、特別に細工されたHTTP POSTリクエストを介してSQLクエリを挿入または操作して、任意のデータを漏えいまたは操作する可能性があります。

ソリューション

McAfee ePOバージョン5.1.3の修正プログラム1167014/5.3.1の修正プログラム1179709/5.3.2の修正プログラム1167013以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10187

http://www.talosintelligence.com/reports/TALOS-2016-0229/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 97352

ファイル名: mcafee_epo_sb10187.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2017/2/23

更新日: 2019/11/13

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-8027

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:epolicy_orchestrator

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/McAfee ePO

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/2/1

脆弱性公開日: 2017/2/1

参照情報

CVE: CVE-2016-8027

BID: 95981

MCAFEE-SB: SB10187