Scientific Linux セキュリティ更新: SL6.x i386/x86_64のqemu-kvm(20170223)

critical Nessus プラグイン ID 97379

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- Cirrus CLGD 54xx VGAエミュレーターのサポートで構築されたクイックエミュレーター(Qemu)は、領域外アクセスの問題に対して脆弱です。これは、VGAデータをbitbltコピー経由のバックワードモードでコピーするときに発生する可能性があります。ゲスト内の特権ユーザーがこの欠陥を使用して、QemuプロセスをクラッシュさせてDoSを引き起こしたり、ホストのQemuプロセスの権限で、ホスト上で任意のコードを実行したりする可能性があります。
(CVE-2017-2615)

- IPチェックサムルーチンで構築されたQEMUエミュレーターに、領域外読み取りアクセスの欠陥が見つかりました。QEMU機能が、パケットのペイロード長をデータバッファのサイズをチェックすることなく使用したために、TCP/UDPパケットのチェックサムを計算するときにこの欠陥が発生する可能性があります。ゲスト内のユーザーがこの欠陥を利用して、QEMUプロセスをクラッシュさせる可能性があります(サービス拒否)。(CVE-2016-2857)

この更新では、以下のバグも修正されます:

- 以前はゲスト仮想マシンが短時間で129回以上再起動すると、virtqueueが適切にクリーンアップされなかったため、ゲストは再起動する代わりにシャットダウンされていました。この更新により、virtqueueがより確実にクリーンアップされ、前述の問題の発生を防ぎます。

この更新プログラムをインストールした後に、実行中の仮想マシンをすべてシャットダウンしてください。
すべての仮想マシンをシャットダウンしたら、この更新プログラムを有効にするために再び起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c99b26da

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 97379

ファイル名: sl_20170223_qemu_kvm_on_SL6_x.nasl

バージョン: 3.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/2/24

更新日: 2021/6/3

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:qemu-img, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:qemu-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:qemu-kvm-tools, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2017/2/23

脆弱性公開日: 2016/4/12

参照情報

CVE: CVE-2016-2857, CVE-2017-2615

IAVB: 2017-B-0024-S