F5 Networks BIG-IP:Slowlorisのサービス拒否攻撃の脆弱性(K12636)

medium Nessus プラグイン ID 97419
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Apache HTTP Server 1.xと2.xでは、リモート攻撃者が部分的なHTTPリクエストを介してサービス拒否(デーモンの停止)を引き起こす可能性があります。これは、Slowlorisによって実証されており、2.2.15より前のバージョンのmod_reqtimeoutモジュールの欠如に関連するものです。(CVE-2007-6750)影響:Slowloris攻撃は、スレッド化されたWebサーバーを標的とするサービス拒否(DoS)攻撃の一種です。決して完了しないHTTPリクエストを送信することにより、Webサーバーで利用可能なすべてのリクエスト処理スレッドを独占しようとします。各リクエストはスレッドを消費するため、Slowloris攻撃は最終的にWebサーバーの接続容量をすべて消費し、正当なユーザーによるアクセスを事実上拒否します。HTTPプロトコル仕様のInternet Engineering Task Force(RFC 2616)では、リクエストヘッダーの終わりとペイロードの始まり(存在する場合)を示すために空白行を使用する必要があると規定されています。リクエスト全体が受信されると、Webサーバーが応答する場合があります。注:空白行は、改行<CR><LF><CR><LF>を2つの連続して送信することによって作成されます。Slowloris攻撃は、Webサーバーに複数の接続を確立することによって動作します。各接続で、終了の改行シーケンスを含まない不完全なリクエストを送信します。攻撃者は、接続を維持するために追加のヘッダー行を定期的に送信しますが、終了の改行シーケンスは送信しません。Webサーバーは接続を開いたままにし、リクエストを完了するための追加情報を期待します。攻撃が継続すると、長時間のSlowloris接続の量が増加し、最終的に利用可能なすべてのWebサーバー接続を消費するため、Webサーバーは正当なリクエストに応答できなくなります。

ソリューション

F5 Solution K12636に記載されている非脆弱性バージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.rfc-editor.org/rfc/rfc2616.pdf

https://support.f5.com/csp/article/K12636

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 97419

ファイル名: f5_bigip_SOL12636.nasl

バージョン: 3.8

タイプ: local

公開日: 2017/2/28

更新日: 2021/1/11

依存関係: f5_bigip_detect.nbin

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_link_controller, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_wan_optimization_manager, cpe:/a:f5:big-ip_webaccelerator, cpe:/h:f5:big-ip, cpe:/h:f5:big-ip_protocol_security_manager

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/2/22

参照情報

CVE: CVE-2007-6750

BID: 21865