Oracle Linux 7:カーネル(ELSA-2017-0386)

high Nessus プラグイン ID 97506

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2017-0386アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.8.12までのLinuxカーネルのnet/packet/af_packet.cにおける競合状態により、ローカルユーザーは、CAP_NET_RAW機能を活用しソケットバージョンを変更することによって、権限を取得したり、サービス拒否(メモリ解放後使用)を引き起こしたりする可能性があります。これはpacket_set_ringおよびpacket_setsockopt関数に関連しています。(CVE-2016-8655)

-4.8.7までのLinuxカーネルのarch/x86/kvm/emulate.cにあるx86_decode_insn関数により、KVMが有効な場合に、ローカルユーザーが未定義の命令内のModR/Mバイトを特定の方法で使用することで、サービス拒否(ホストOSのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-8630)

-4.8.11までのLinuxカーネルのdrivers/vfio/pci/vfio_pci.cにより、ローカルユーザーは、整数オーバーフローチェックをバイパスし、VFIO_DEVICE_SET_IRQS ioctl呼び出し用のvfio PCIデバイスファイルへのアクセス(別名ステートマシン混乱バグ)を利用して、サービス拒否(メモリ破損)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2016-9083)

-4.8.11までのLinuxカーネルのdrivers/vfio/pci/vfio_pci_intrs.cではkzalloc関数が誤って使用されているため、ローカルユーザーが、vfio PCIデバイスファイルへのアクセスを利用して、サービス拒否(整数オーバーフロー)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2016-9084)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-0386.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 97506

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-0386.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/3/3

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-9083

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/3/2

脆弱性公開日: 2016/10/26

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (AF_PACKET chocobo_root Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2016-8630, CVE-2016-8655, CVE-2016-9083, CVE-2016-9084

RHSA: 2017:0386