RHEL 7:kernel-rt(RHSA-2017:0387)

high Nessus プラグイン ID 97510

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。セキュリティ修正プログラム:* カーネルベースの仮想マシン(CONFIG_KVM)のサポートで構築されたLinuxカーネルは、NULLポインターのデリファレンスの欠陥に対して脆弱です。これは、定義されていない命令をエミュレートするときに、x86プラットフォームで発生する可能性があります。攻撃者がこの欠陥を使用してホストカーネルをクラッシュさせ、DoSを引き起こす可能性があります。(CVE-2016-8630、重要度高)* Linuxカーネルのネットワーキングサブシステムにおける生のパケットソケット実装でTPACKET_V3のリングバッファを作成中に同期を処理する方法に、メモリ解放後使用(use-after-free)の欠陥につながる競合状態の問題が見つかりました。生のパケットソケット(CAP_NET_RAW機能が必要)を開くことができるローカルユーザーが、この欠陥を利用してシステムに対する権限を昇格する可能性があります。(CVE-2016-8655、重要度高)* LinuxカーネルにおけるVFIOの実装に欠陥が発見されました。攻撃者がioctlを発行することによってメモリが破損される状況が発生し、予想される領域外のメモリが変更される可能性があります。これはカーネルのメモリを上書きし、カーネルの実行を阻害することがあります。(CVE-2016-9083、重要度高)* 整数乗算付きのkzallocを使用すると、vfio_pci_intrs.cで整数オーバーフロー状態に達します。これをCVE-2016-9083と組み合わせることで、攻撃者が攻撃を行い、割り当てられていないメモリを使用してマシンをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2016-9084、重要度中)Red Hatは、CVE-2016-8655を報告してくれたPhilip Pettersson氏に感謝の意を表します。バグ修正プログラム:* 以前は、非同期ページフォルトがスピンロックを参照しており、実際にはRTカーネルでロックがスリープ状態になっていました。このため、コードが例外コンテキストから実行されるとき、コンソールにバグ警告が表示されました。今回の更新プログラムで、この領域の通常の待機キューとスピンロックコードは、単純な待機キューと生のスピンロックを使用するように変更されました。このコード変更により、非同期ページフォルトコードをバグの警告なしにプリエンプション不可能な状態で実行できるようになります。(BZ#1418035)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:0387

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-8630

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-8655

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9083

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9084

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 97510

ファイル名: redhat-RHSA-2017-0387.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/3/3

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-kvm-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/3/2

脆弱性公開日: 2016/11/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (AF_PACKET chocobo_root Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2016-8630, CVE-2016-8655, CVE-2016-9083, CVE-2016-9084

RHSA: 2017:0387