Fedora 24:2: qemu(2017-62ac1230f7)

critical Nessus プラグイン ID 97865

言語:

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

- CVE-2017-5525:オーディオ:ac97でのメモリ漏洩(bz #1414110)

- CVE-2017-5526:オーディオ:ac1370でのメモリ漏洩(bz #1414210)

- CVE-2016-10155 watchdog:i6300esbでのメモリ漏洩(bz #1415200)

- CVE-2017-5552:virtio-gpu-3d:メモリ漏洩(bz #1415283)

- CVE-2017-5667:sd:マルチブロック転送中のsdhci OOBアクセス(bz #1417560)

- CVE-2017-5857:virtio-gpu-3d:virgl_cmd_resource_unrefでのホストメモリ漏洩(bz #1418383)

- CVE-2017-5856:scsi:megasas:メモリ漏洩(bz #1418344)

- CVE-2017-5898:usb: emulate_apdu_from_guestでの整数オーバーフロー(bz #1419700)

- CVE-2017-5987:sd:マルチブロック転送における無限ループの問題(bz #1422001)

- CVE-2017-6505:usb: ohci_service_ed_listにおける無限ループの問題(bz #1429434)

- CVE-2017-2615:cirrus:bitbltコピーバックワード中のoobアクセス(bz #1418206)

- CVE-2017-2620:cirrus:任意のコードが実行される可能性(bz #1425419)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける2: qemuパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2017-62ac1230f7

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 97865

ファイル名: fedora_2017-62ac1230f7.nasl

バージョン: 3.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/3/22

更新日: 2021/6/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:2:qemu, cpe:/o:fedoraproject:fedora:24

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2017/3/21

脆弱性公開日: 2017/3/15

参照情報

CVE: CVE-2016-10155, CVE-2017-2615, CVE-2017-2620, CVE-2017-5525, CVE-2017-5526, CVE-2017-5552, CVE-2017-5667, CVE-2017-5856, CVE-2017-5857, CVE-2017-5898, CVE-2017-5987, CVE-2017-6505

FEDORA: 2017-62ac1230f7

IAVB: 2017-B-0024-S