IBM WebSphere Portal 8.5.0 < 8.5.0 CF14/9.0.0 < 9.0.0 CF14の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 99236
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているWeb ポータルソフトウェアが、複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされたIBM WebSphere Portalのバージョンは、8.5.0.0 CF14より前の8.5.0またはCF14より前の9.0.0です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。-ユーザー指定の入力がユーザーに返す前に不適切に検証されているため、WebのUIに複数のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれらを悪用し、特別に細工されたリクエストを介して、ユーザーのブラウザーセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-1120、CVE-2017-1217)-ユーザー指定の入力が不適切に検証されているため、クロスサイトリダイレクトの脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、特別に細工されたリンクに従うようにユーザーを誘導し、意図された信頼できるWebサイトから、攻撃者が選択した任意のWebサイトに、疑いを持たないユーザーをリダイレクトする可能性があります。こうしたWebサイトはさらなる攻撃に使用される可能性があります。(CVE-2017-1156)-VSDXファイルのPageHeight値とPageWidth値を処理するとき、Outside In Filtersサブコンポーネントにメモリ解放後使用(use-after-free)エラーがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、すでに解放されたメモリをデリファレンスして、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-3266)-Outside In Filtersサブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こすことができます。(CVE-2017-3267、CVE-2017-3268、CVE-2017-3270)-Outside In Filtersサブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があるため、認証されていないリモートの攻撃者が機密性、整合性、可用性に影響を及ぼす可能性があります。(CVE-2017-3269、CVE-2017-3271、CVE-2017-3293)-カタログディクショナリで/Pagesキーを解析するとき、サービス拒否の脆弱性がOutside In Filtersサブコンポーネント、特にvspdf.dllライブラリ内のコンテンツアクセス機能にあります。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、特別に細工されたPDFファイルを介して、ライブラリにリンクされたアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-3294)-PDFファイル内の/CalRGB要素で/Matrixエントリーを解析するとき、サービス拒否の脆弱性がOutside In Filtersサブコンポーネント、特にvspdf.dllライブラリ内のコンテンツアクセス機能にあります。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、無効な読み取りをトリガーする特別に細工されたPDFファイルを介して、ライブラリにリンクされたアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-3295)

ソリューション

IBM WebSphere Portalバージョン8.5.0 CF14/9.0.0 CF14以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg24037786#CF14

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22000152

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22000153

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22001394

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22004348

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 99236

ファイル名: websphere_portal_cve-2017-1120.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2017/7/3

更新日: 2019/11/12

依存関係: websphere_portal_installed.nbin

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3293

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 8.6

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:ibm:websphere_portal

必要な KB アイテム: installed_sw/IBM WebSphere Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/6/27

脆弱性公開日: 2017/1/17

参照情報

CVE: CVE-2017-1120, CVE-2017-1156, CVE-2017-1217, CVE-2017-3266, CVE-2017-3267, CVE-2017-3268, CVE-2017-3269, CVE-2017-3270, CVE-2017-3271, CVE-2017-3293, CVE-2017-3294, CVE-2017-3295

BID: 95507, 95513, 95522, 95524, 95529, 95532, 95534, 95536, 95539, 97075, 98340, 99350