RHEL 6:MRG(RHSA-2017:0932)

high Nessus プラグイン ID 99345
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtの更新プログラムが、Red Hat Enterprise MRG 2で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。セキュリティ修正プログラム:* n_hdlc.tbufリストにアクセスするときに二重解放が発生する可能性がある競合状態の欠陥が、N_HLDC Linuxカーネルドライバーに見つかりました。ttyデバイスでHDLC回線制御を設定できる、権限のないローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムでの自分の権限を増やす可能性があります。(CVE-2017-2636、重要度高)* ソケット上でIPV6_RECVPKTINFOオプションが設定されているとき、LinuxカーネルのDatagram Congestion Control Protocol(DCCP)実装でSKB(ソケットバッファ)リソースをDCCP_PKT_REQUESTパケットに解放する方法に、メモリ解放後使用(Use After Free)の欠陥が見つかりました。権限を持たないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、カーネルメモリを変更し、システム上で権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2017-6074、重要度高)* Linuxカーネルキー管理サブシステムに欠陥が見つかりました。この欠陥は、ローカルの攻撃者が特別に細工されたRSAキーを提供してカーネルをクラッシュさせたり、スタックや追加メモリを破損させたりする(サービス拒否)可能性があります。この欠陥は、RSAキーの検証中にマシンをパニック状態にします。(CVE-2016-8650、重要度中)* SO_{SND|RCV}BUFFORCE setsockopt()システムコールのsetsockoptのLinuxカーネルへの実装で欠陥が見つかりました。名前空間ではないCAP_NET_ADMINを持つユーザーがこの呼び出しをトリガーし、ソケットsendbuffデータサイズが負の値になる状況を作ることが可能です。しかし、これを行うとメモリ割り当てに悪影響を及ぼし、システムがクラッシュしたり、メモリが破損したりする可能性があります。(CVE-2016-9793、重要度中)* /proc/pid/attrファイルのSELinux属性をクリアするLinuxカーネルの処理に欠陥が見つかりました。このファイルへの空の(null)書き込みは、マップされていないカーネルメモリへのアクセスをシステムに試行させることでシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-2618、重要度中)Red Hatは、CVE-2017-2636を報告してくれたAlexander Popov氏、CVE-2017-6074を報告してくれたAndrey Konovalov氏(Google)、CVE-2016-8650を報告してくれたRalf Spenneberg氏に感謝の意を表します。CVE-2017-2618の問題は、Paul Moore氏(Red Hat Engineering)が発見しました。バグ修正プログラム:* kernel-rtパッケージが、バージョン3.10.0-514.rt56.219にアップグレードされました。これにより、以前のバージョンに対するバグ修正の多数の更新プログラムが提供されます。(BZ#1429613)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:0932

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-8650

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9793

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-2618

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-2636

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-6074

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 99345

ファイル名: redhat-RHSA-2017-0932.nasl

バージョン: 3.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/4/13

更新日: 2020/10/27

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/4/12

脆弱性公開日: 2016/11/28

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2016-8650, CVE-2016-9793, CVE-2017-2618, CVE-2017-2636, CVE-2017-6074

RHSA: 2017:0932