Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2017-3539)

high Nessus プラグイン ID 99389
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2017-3539アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.7.1までのLinuxカーネルのblock/genhd.cのdisk_seqf_stop関数のメモリ解放後使用脆弱性により、ローカルユーザーが、対応する開始操作が失敗した場合でも特定の停止操作の実行を利用して権限を取得する可能性があります。(CVE-2016-7910)

- 4.9.5より前のLinuxカーネル内のarch/x86/kvm/emulate.cのload_segment_descriptor実装が「MOV SS, NULL selector」命令を不適切にエミュレートしているため、ゲストOSユーザーが、細工されたアプリケーションを介してサービス拒否(ゲストOSクラッシュ)を引き起こしたり、ゲストOS権限を取得したりする可能性があります。(CVE-2017-2583)

-4.9.11より前のLinuxカーネルのnet/ipv4/tcp.cにあるtcp_splice_read関数により、リモートの攻撃者がURGフラグを持つTCPパケットを含むベクトルを介して、サービス拒否(無限ループとソフトロックアップ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-6214)

-4.10.1より前のLinuxカーネル内のnet/ipv4/ip_sockglue.cのip_cmsg_recv_checksum関数はskbデータレイアウトに関する誤った想定をしているため、ローカルユーザーが、細工されたシステムコールを介して、サービス拒否(バッファオーバーリード)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性があります。これは、ループバックUDP送信に関連したMSG_MOREフラグの使用によって実証されています。(CVE-2017-6347)

-4.10.6までのLinuxカーネル内のnet/xfrm/xfrm_user.cのxfrm_replay_verify_len関数は、XFRM_MSG_NEWAEの更新後に特定のサイズのデータを検証しないため、ローカルユーザーが、CAP_NET_ADMIN機能を利用することにより、ルート権限を取得したり、サービス拒否(ヒープベースの領域外アクセス)を引き起こしたりする可能性があります。これは、Ubuntu 16.10 linux-image-*パッケージ4.8.0.41.52のCanSecWest 2017でのPwn2Ownの競合中に実証されています。(CVE-2017-7184)

-4.9.8までのLinuxカーネル内のfs/ext4/super.cのext4_fill_super関数が、メタブロックグループを適切に検証していないため、物理的に近接する攻撃者が、細工されたext4画像を介して、サービス拒否(領域外読み取りとシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-10208)

-4.9.11より前のLinuxカーネル内のnet/sctp/socket.cのsctp_wait_for_sndbuf関数の競合状態により、ローカルユーザーが、特定のバッファフル状態で関連付けを解除するマルチスレッドアプリケーションを介して、サービス拒否(アサーション失敗とパニック)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-5986)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-3539.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 99389

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-3539.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/4/14

更新日: 2021/9/8

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-7910

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.4

Temporal Score: 7.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-61.1.34.el6uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-61.1.34.el7uek:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/4/13

脆弱性公開日: 2016/11/7

参照情報

CVE: CVE-2016-7910, CVE-2017-2583, CVE-2017-7184, CVE-2017-5986, CVE-2016-10208, CVE-2017-6214, CVE-2017-6347