MySQL 5.7.x < 5.7.18 の複数の脆弱性(2017年4月 CPU)(2017年7月 CPU)

medium Nessus プラグイン ID 99516

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているMySQLのバージョンは、5.7.18より前の5.7.xです。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- 256ビットより長いビット数で割り切れる入力長を処理するとき、桁上げ伝播のエラーがBroadwell固有のモントゴメリ乗算プロシージャのOpenSSLコンポーネントにあります。これにより、一時的な認証やキーネゴシエーションの失敗、または特別に細工された入力による公開鍵操作の再現可能なエラー結果が生じる可能性があります。中間にいる攻撃者はこの脆弱性を悪用し、Brainpool P-512カーブを利用するECDHキーネゴシエーションを侵害する可能性があります。(CVE-2016-7055)- DMLサブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。CVE-2017-3331はバージョン5.7.11から5.7.17までにのみ影響を及ぼすことに留意してください。(CVE-2017-3308、CVE-2017-3331、CVE-2017-3456、CVE-2017-3457、CVE-2017-3458)- Optimizerサブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3309、CVE-2017-3453、CVE-2017-3459)- Thread Poolingサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3329)- Memcachedサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3450)- InnoDBサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がデータベース内のデータを挿入および削除するか、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3454)- 「Security:Privileges」サブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がデータベース内のデータを挿入または削除したり、秘密情報を漏えいしたりする可能性があります。(CVE-2017-3455)- Auditプラグインサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3460)- 「Security:Privileges」サブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3461、CVE-2017-3462、CVE-2017-3463)- DDLサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がデータベース内のデータを更新、挿入、または削除する可能性があります。(CVE-2017-3464)- 「Security:Privileges」サブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がデータベース内のデータを更新、挿入、または削除する可能性があります。(CVE-2017-3465)- C APIサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者が秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-3467)- 「Security: Encryption」サブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がデータベース内のデータを更新、挿入、または削除する可能性があります。(CVE-2017-3468)- Pluggable Authサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3599)- 「Client mysqldump」サブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-3600)- CHACHA20/POLY1305またはRC4-MD5暗号を使用してパケットを処理するとき、領域外読み取りエラーがOpenSSLコンポーネントにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された切り捨てられたパケットを通じて、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3731)- 桁上げ伝播エラーがx86_64 Montgomery積算の実装のOpenSSLサブコンポーネントにあり、BN_mod_exp()関数が正しくない結果を生成する可能性があります。十分なリソースを持つ認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、秘密鍵に関する秘密情報を取得する可能性があります。(CVE-2017-3732)Nessusはこれらの問題をテストしていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

MySQLバージョン5.7.18以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-18.html

http://www.nessus.org/u?d679be85

http://www.nessus.org/u?eb4db3c7

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2244179.1

http://www.nessus.org/u?76f5def7

http://www.nessus.org/u?d520c6c8

http://www.nessus.org/u?322067e2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 99516

ファイル名: mysql_5_7_18.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2017/4/20

更新日: 2019/11/13

構成: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3600

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.6

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/4/10

脆弱性公開日: 2016/11/10

参照情報

CVE: CVE-2016-7055, CVE-2017-3308, CVE-2017-3309, CVE-2017-3329, CVE-2017-3331, CVE-2017-3450, CVE-2017-3453, CVE-2017-3454, CVE-2017-3455, CVE-2017-3456, CVE-2017-3457, CVE-2017-3458, CVE-2017-3459, CVE-2017-3460, CVE-2017-3461, CVE-2017-3462, CVE-2017-3463, CVE-2017-3464, CVE-2017-3465, CVE-2017-3467, CVE-2017-3468, CVE-2017-3599, CVE-2017-3600, CVE-2017-3731, CVE-2017-3732

BID: 94242, 95813, 95814, 97725, 97742, 97747, 97754, 97763, 97765, 97772, 97776, 97791, 97812, 97818, 97820, 97822, 97825, 97826, 97831, 97837, 97845, 97847, 97848, 97849, 97851