Debian DSA-3832-1: icedove - セキュリティの更新

critical Nessus プラグイン ID 99545

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Thunderbirdに複数のセキュリティ問題が見つかりました。これにより、任意のコード実行や情報漏洩を引き起こす可能性があります。

この更新により、Icedoveパッケージは正式なMozillaブランディングにブランド変更されます。Debianブランディングの削除により、パッケージの名前もMozillaが使用する公式名に戻されました。

Thunderbirdパッケージは別のデフォルトプロファイルフォルダを使用しており、デフォルトプロファイルフォルダは「\$(HOME)/.thunderbird」になりました。Icedoveで使用されていたユーザープロファイルフォルダが、最初の起動時に新しいプロファイルフォルダに移行されます。これには、もう少し時間がかかる可能性があります。

変更の詳細については、README.Debianをお読みください。

ソリューション

icedove パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(jessie)では、これらの問題はバージョン1:45.8.0-3~deb8u1で修正されました。

関連情報

https://packages.debian.org/source/jessie/icedove

https://www.debian.org/security/2017/dsa-3832

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 99545

ファイル名: debian_DSA-3832.nasl

バージョン: 3.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/4/21

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:icedove, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/4/20

脆弱性公開日: 2018/6/11

参照情報

CVE: CVE-2017-5373, CVE-2017-5375, CVE-2017-5376, CVE-2017-5378, CVE-2017-5380, CVE-2017-5383, CVE-2017-5390, CVE-2017-5396, CVE-2017-5398, CVE-2017-5400, CVE-2017-5401, CVE-2017-5402, CVE-2017-5404, CVE-2017-5405, CVE-2017-5407, CVE-2017-5408, CVE-2017-5410

DSA: 3832