Oracle Linux 6:bind(ELSA-2017-1105)

high Nessus プラグイン ID 99564

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

出典:Red Hatセキュリティアドバイザリ2017:1105:bindの更新がRed Hat Enterprise Linux 6用に入手可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。BIND(Berkeley Internet Name Domain)は、DNS(ドメインネームシステム)プロトコルの実装です。BINDには、DNSサーバー(named)、リゾルバーライブラリ(DNSとインターフェイス接続する時に使用するアプリケーション用ルーチン)、DNSサーバーが正常動作していることを検証するツールが含まれます。セキュリティ修正プログラム:* BINDがCNAMEまたはDNAMEリソースレコードを含むクエリ応答を通常と異なる順序で処理する方法に、サービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工されたDNS応答によるアサーション失敗で、namedを突然終了させる可能性があります。(CVE-2017-3137)* DNS64を「break-dnssec yes」オプションで使用するときBINDがクエリリクエストを処理する方法に、サービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工されたDNSリクエストによるアサーションの失敗で、namedを予期せず終了させる可能性があります。(CVE-2017-3136)Red Hatは、これらの問題を報告してくれたISCに感謝の意を表します。アップストリームは、Oleg Gorokhov氏(Yandex)をCVE-2017-3136の最初の報告者として認識しています。

ソリューション

影響を受けるbindパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2017-April/006872.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 99564

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-1105.nasl

バージョン: 3.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/4/21

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:bind, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-chroot, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-sdb, p-cpe:/a:oracle:linux:bind-utils, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/4/20

脆弱性公開日: 2019/1/16

参照情報

CVE: CVE-2017-3136, CVE-2017-3137

RHSA: 2017:1105