H3C / HPE Intelligent Management Center accessMgrServlet Javaオブジェクト逆シリアル化RCE

critical Nessus プラグイン ID 99729

概要

リモートのWebサーバーでホストされているWebアプリケーションは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホスト上で実行されているH3CまたはHPE Intelligent Management Center(iMC)Web サーバーは、Javaオブジェクトがさまざまなライブラリに逆シリアル化され、それが安全でないため、accessMgrServletに存在する、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工されたHTTPリクエストを送信することにより、標的のホストで任意のコードを実行する可能性があります。

Intelligent Management Center(iMC)はHPE製品ですが、
H3Cとしてブランド化されています。

ソリューション

H3C/HPE iMCのバージョン7.2 E0504以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?d75f4bdd

http://www.nessus.org/u?9c6d83db

http://www.nessus.org/u?7cc45126

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-17-166/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 99729

ファイル名: hp_imc_cve-2017-5790.nbin

バージョン: 1.108

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/4/28

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:intelligent_management_center

必要な KB アイテム: installed_sw/HP Intelligent Management Center Web Interface

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2017/3/7

脆弱性公開日: 2017/3/7

参照情報

CVE: CVE-2017-5790

BID: 96755

HP: HPESBHF03710, emr_na-hpesbhf03710en_us

ZDI: ZDI-17-166