MikroTik RouterOS HTTP Server Arbitrary Write RCE(ChimayRed)

critical Nessus プラグイン ID 99763

概要

リモートホストは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

ユーザー入力が不適切に、リモートホスト上で実行されているMikroTik RouterOSソフトウェアがHTTP Webサーバープロセスにある欠陥の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたPOSTリクエストを介してWebサーバープロセス内の任意の場所にデータを書き込み、サービス拒否状態を発生させたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。

この脆弱性はVault 7リークのChimayRed悪用に含まれることが報告されています。

ソリューション

MikroTik RouterOSバージョン6.38.5以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://mikrotik.com/download/changelogs/#tab-tree_3

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 99763

ファイル名: mikrotik_http_stack_control.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/5/1

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:mikrotik:routeros

必要な KB アイテム: MikroTik/RouterOS/Version

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2017/3/9

脆弱性公開日: 2017/3/9