Cisco Prime LAN管理ソリューションJavaオブジェクト逆シリアル化RCE(CSCux34647)

critical Nessus プラグイン ID 99934

概要

リモートホストで実行されているネットワーク管理システムは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

認証されていないJavaオブジェクトによるApache Commons Collections(ACC)ライブラリに対する安全ではない逆シリアル化呼び出しのため、リモートのWebサーバーで実行されているCisco Prime LMS LAN管理ソリューションは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工したRMIリクエストを送信し、標的のホストで任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ベンダーがこの脆弱性を修正する予定はありません。

関連情報

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCux34647

http://www.nessus.org/u?9c6d83db

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 99934

ファイル名: cisco_prime_lms_java_deser.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/5/2

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-6420

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:prime_lan_management_solution

必要な KB アイテム: installed_sw/cisco_lms

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2015/1/28

参照情報

CVE: CVE-2015-6420

BID: 78872

CISCO-BUG-ID: CSCux34647

CERT: 576313