Microsoft SharePoint Server 2019 < 16.0.10363.12107 の複数の脆弱性

critical Web App Scanning プラグイン ID 112592

Language:

概要

Microsoft SharePoint Server 2019 < 16.0.10363.12107 の複数の脆弱性

説明

自己報告によるバージョン番号によると、リモートホストで実行されている Microsoft SharePoint アプリケーションは、次の複数の脆弱性の影響を受けます。

- PerformancePoint Services for SharePoint ServerソフトウェアがXMLがファイル入力のソースマークアップをチェックしない場合に、リモートコード実行の脆弱性があります。

- Microsoft SharePoint Serverが、影響を受けるSharePoint Serverに対する巧妙に作りこまれたWebリクエストを適切にサニタイズしない場合に、なりすましの脆弱性があります。

- 影響を受ける SharePoint Server に対する巧妙に作りこまれた Web リクエストを Microsoft SharePoint Server が適切にサニタイズしないとき、クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性があります。

- Microsoft Officeソフトウェアが、初期化されていない変数によって領域外メモリを読み取り、メモリの内容を開示する可能性があるため、情報漏洩の脆弱性が存在します。

- Microsoft SharePoint ServerおよびSkype for Business ServerがOAuthトークン検証を不適切に処理するとき、権限の昇格の脆弱性があります。

- Microsoft SharePointソフトウェアが巧妙に作りこまれたメールメッセージを解析する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性があります。

- Microsoft Officeがメモリの内容を不適切に開示する場合に、情報漏洩の脆弱性があります。

- この脆弱性は、SharePoint Serverが影響を受けるSharePointサーバーに対する巧妙に作りこまれたリクエストを適切にサニタイズしない場合に発生します。

スキャナーはこれらの問題のテストを行っておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Microsoft SharePoint Server 2019 ビルド 16.0.10363.12107 以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1025

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1147

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1342

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1439

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1443

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1444

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1445

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1446

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1447

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1448

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1450

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1451

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1454

https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-1456

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 112592

タイプ: remote

ファミリー: Component Vulnerability

公開日: 2020/9/9

更新日: 2023/3/14

スキャン テンプレート: api, basic, full, pci, scan

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1025

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1025

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:microsoft:sharepoint_server:*:*:*:*:*:*:*:*

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/14

脆弱性公開日: 2020/7/14

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2020-1025, CVE-2020-1147, CVE-2020-1342, CVE-2020-1439, CVE-2020-1443, CVE-2020-1444, CVE-2020-1445, CVE-2020-1446, CVE-2020-1447, CVE-2020-1448, CVE-2020-1450, CVE-2020-1451, CVE-2020-1454, CVE-2020-1456

CWE: 119, 20, 200, 269, 502, 74, 79

OWASP: 2010-A1, 2010-A2, 2010-A4, 2010-A6, 2013-A1, 2013-A3, 2013-A4, 2013-A5, 2013-A9, 2017-A1, 2017-A5, 2017-A6, 2017-A7, 2017-A8, 2017-A9, 2021-A1, 2021-A3, 2021-A4, 2021-A6, 2021-A8

WASC: Buffer Overflow, Cross-Site Scripting, Improper Input Handling, Information Leakage, Insufficient Authorization

CAPEC: 10, 100, 101, 104, 108, 109, 110, 116, 120, 122, 123, 13, 135, 136, 14, 153, 169, 182, 209, 22, 224, 23, 230, 231, 233, 24, 250, 261, 267, 273, 28, 285, 287, 290, 291, 292, 293, 294, 295, 296, 297, 298, 299, 3, 300, 301, 302, 303, 304, 305, 306, 307, 308, 309, 31, 310, 312, 313, 317, 318, 319, 320, 321, 322, 323, 324, 325, 326, 327, 328, 329, 330, 34, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 472, 473, 497, 508, 51, 52, 53, 573, 574, 575, 576, 577, 58, 586, 588, 59, 591, 592, 6, 60, 616, 63, 64, 643, 646, 651, 67, 7, 71, 72, 73, 76, 78, 79, 8, 80, 81, 83, 84, 85, 88, 9

DISA STIG: APSC-DV-000460, APSC-DV-000500, APSC-DV-002490, APSC-DV-002560, APSC-DV-002590, APSC-DV-002630

HIPAA: 164.306(a)(1), 164.306(a)(2), 164.312(a)(1), 164.312(a)(2)(i)

ISO: 27001-A.12.6.1, 27001-A.13.1.1, 27001-A.14.1.2, 27001-A.14.1.3, 27001-A.14.2.5, 27001-A.18.1.3, 27001-A.6.2.2, 27001-A.9.1.2, 27001-A.9.4.1, 27001-A.9.4.4, 27001-A.9.4.5

NIST: sp800_53-AC-3, sp800_53-CM-6b, sp800_53-SI-10, sp800_53-SI-10(5), sp800_53-SI-15, sp800_53-SI-16

OWASP API: 2019-API7, 2019-API8, 2023-API8

OWASP ASVS: 4.0.2-14.2.1, 4.0.2-5.1.3, 4.0.2-5.2.5, 4.0.2-5.3.3, 4.0.2-5.5.1, 4.0.2-8.3.4

PCI-DSS: 3.2-6.2, 3.2-6.5, 3.2-6.5.1, 3.2-6.5.2, 3.2-6.5.7, 3.2-6.5.8