PHP 7.0.x < 7.0.10 の複数の脆弱性

critical Web Application Scanning プラグイン ID 98834

言語:

概要

PHP 7.0.x < 7.0.10 の複数の脆弱性

説明

バナーによると、リモートのWebサーバーで実行されているPHPのバージョンは7.0.10より前の7.0.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。

- 過剰に長い文字列が不適切に処理されているため、interface.c の curl_escape() 関数にオーバーフローの状態が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用してヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こし、サービス拒否状態または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。

- ユーザー指定の入力の不適切な検証により、zend_alloc.c の zend_mm_realloc_heap() 関数に、整数オーバーフロー状態が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、バッファオーバーフローを引き起こしてサービス拒否状態にしたり、任意のコードの実行を引き起こしたりする可能性があります。

このソフトウェアは、バージョン7.0.13で修正されていない他の脆弱性の影響を受けることが報告されています。

ソリューション

PHP バージョン 7.0.10 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://php.net/ChangeLog-7.php#7.0.10

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 98834

タイプ: remote

ファミリー: Component Vulnerability

公開日: 2019/1/9

更新日: 2023/3/14

スキャン テンプレート: scan, pci, basic, api, full

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2016-7124

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

CVSS スコアのソース: CVE-2016-7124

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:php:php:*:*:*:*:*:*:*:*

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/9/12

脆弱性公開日: 2016/9/12

参照情報

CVE: CVE-2016-7124, CVE-2016-7125, CVE-2016-7126, CVE-2016-7127, CVE-2016-7128, CVE-2016-7129, CVE-2016-7130, CVE-2016-7131, CVE-2016-7132, CVE-2016-7133, CVE-2016-7134

CWE: 502, 74, 787, 200, 20, 476, 190, 119

WASC: Buffer Overflow, Improper Input Handling, Information Leakage, Integer Overflows

HIPAA: 164.306(a)(1), 164.306(a)(2)

CAPEC: 10, 100, 101, 104, 108, 109, 110, 116, 120, 123, 13, 135, 136, 14, 153, 169, 182, 209, 22, 224, 23, 230, 231, 24, 250, 261, 267, 273, 28, 285, 287, 290, 291, 292, 293, 294, 295, 296, 297, 298, 299, 3, 300, 301, 302, 303, 304, 305, 306, 307, 308, 309, 31, 310, 312, 313, 317, 318, 319, 320, 321, 322, 323, 324, 325, 326, 327, 328, 329, 330, 34, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 472, 473, 497, 508, 51, 52, 53, 573, 574, 575, 576, 577, 586, 588, 59, 6, 60, 616, 63, 64, 643, 646, 651, 67, 7, 71, 72, 73, 76, 78, 79, 8, 80, 81, 83, 84, 85, 88, 9, 92

DISA STIG: APSC-DV-000460, APSC-DV-002560, APSC-DV-002590, APSC-DV-002630

OWASP: 2010-A1, 2010-A4, 2010-A6, 2013-A1, 2013-A4, 2013-A5, 2013-A9, 2017-A1, 2017-A5, 2017-A6, 2017-A8, 2017-A9, 2021-A1, 2021-A3, 2021-A6, 2021-A8

OWASP API: 2019-API7, 2019-API8

OWASP ASVS: 4.0.2-14.2.1, 4.0.2-5.1.3, 4.0.2-5.2.5, 4.0.2-5.5.1, 4.0.2-8.3.4

PCI-DSS: 3.2-6.2, 3.2-6.3, 3.2-6.4, 3.2-6.5, 3.2-6.5.1, 3.2-6.5.2, 3.2-6.5.8, 3.2-6.6, 3.2-6.7

ISO: 27001-A.12.6.1, 27001-A.14.2.5

NIST: sp800_53-CM-6b, sp800_53-SI-10, sp800_53-SI-10(5), sp800_53-SI-15, sp800_53-SI-16