Apache Tomcat 9.0.0.M1 < 9.0.31 Multiple Vulnerabilities

critical Web Application Scanning プラグイン ID 98946

言語:

概要

Apache Tomcat 9.0.0.M1 < 9.0.31 の複数の脆弱性

説明

リモートホストにインストールされている Apache Tomcat のバージョンは、9.0.0.M1 ~ 9.0.30、8.5.0 ~ 8.5.50、7.0.0 ~ 7.0.99 です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。

- 実装の欠陥による AJP プロトコルの任意のファイル読み取りの脆弱性を利用して、リモートコード実行が引き起こされる可能性もあります。

- 一部の無効な HTTP ヘッダーが有効として解析されるため、HTTP リクエストスマグリングの脆弱性。

- 無効な Transfer-Encoding ヘッダーの不適切な処理による HTTP リクエストスマグリングの脆弱性。

スキャナーはこれらの問題を悪用しようとしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Apache Tomcat バージョン 9.0.31 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://tomcat.apache.org/security-9.html#Fixed_in_Apache_Tomcat_9.0.31

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 98946

タイプ: remote

ファミリー: Component Vulnerability

公開日: 2020/2/28

更新日: 2022/10/26

スキャン テンプレート: pci, api, scan

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1938

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1938

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:apache:tomcat:*:*:*:*:*:*:*:*

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/2/24

脆弱性公開日: 2020/2/24

参照情報

CVE: CVE-2020-1938, CVE-2020-1935, CVE-2019-17569