Cisco Prime Data Center Network Manager 10.1.x < 10.2.1における複数の脆弱性(リモートチェック)

critical Nessus プラグイン ID 100993

概要

リモートホストで実行されているネットワーク管理システムは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

自己報告のバージョン番号によると、リモートホストで実行されているCisco Prime Data Center Network Manager(DCNM)のバージョンは、10.2.1より前の10.1.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:- デバッグツールに認証、承認メカニズムが不十分なため、ロールベースのアクセス管理(RBAC)機能にリモートでコードが実行される脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、これを悪用して、ルート権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-6639) - インストール後に自動的に削除されなかった静的パスワードがあるデフォルトのユーザーアカウントがあるため、欠陥が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、ログインしてルートまたはシステムレベルの権限を取得する可能性があります。(CVE-2017-6640)このプラグインは、Webインターフェイスに表示されるバージョン番号をチェックすることにより、DCNMに脆弱性があるかどうかを判断します。ただし、古いバージョンのDCNMではWebインターフェイスを利用できません。

ソリューション

Cisco Prime Data Center Network Manager version 10.2.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0f182f37

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvd09961

http://www.nessus.org/u?5542fca3

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvd95346

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 100993

ファイル名: cisco-sa-20170607-dcnm.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: CISCO

公開日: 2017/6/22

更新日: 2018/9/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:prime_data_center_network_manager

必要な KB アイテム: installed_sw/cisco_dcnm_web

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/6/7

脆弱性公開日: 2017/6/7

参照情報

CVE: CVE-2017-6639, CVE-2017-6640

BID: 98935, 98937