VMSA-2017-0015:VMware ESXi、vCenter Server、Fusion、Workstationの更新プログラムにより、複数のセキュリティ脆弱性が解決します

high Nessus プラグイン ID 103357
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

a. SVGAでの領域外書き込みの脆弱性:VMware ESXi、Workstation、Fusionには、SVGAデバイスでの領域外書き込みの脆弱性が含まれています。この問題により、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があります。VMwareは、この問題を報告してくれたZDIに参加しているComsecuris UG(haftungsbeschraenkt)のNico Golde氏とRalf-Philipp Weinmann氏に感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2017-4924が割り当てられています。b.ゲストRPCのNULLポインターデリファレンスの脆弱性:VMware ESXi、Workstation、Fusionには、NULLポインターデリファレンスの脆弱性が含まれています。この問題は、ゲストRPCリクエストを処理するときに発生します。この問題の悪用に成功すると、通常のユーザー権限を持つ攻撃者が自分のVMをクラッシュさせる可能性があります。VMwareは、この問題を報告してくれたZhang Haitao氏に感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2017-4925が割り当てられています。c. H5クライアントの格納型XSS vCenter Server:H5クライアントには、格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)を可能にする脆弱性が含まれています。VCユーザー権限を持つ攻撃者が、他のVCユーザーがページにアクセスしたときに実行される悪意のあるjavaスクリプトを挿入する可能性があります。VMwareは、この問題を報告してくれたThomas Ornetzeder氏に感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2017-4926が割り当てられています。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2017/000387.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 103357

ファイル名: vmware_VMSA-2017-0015.nasl

バージョン: 3.16

タイプ: local

公開日: 2017/9/20

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:5.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/9/14

参照情報

CVE: CVE-2017-4924, CVE-2017-4925, CVE-2017-4926

VMSA: 2017-0015