VMSA-2018-0002:VMware ESXi、Workstation、Fusionの更新プログラムは、投機的実行によるサイドチャネル分析に対応しています。(Spectre)

medium Nessus プラグイン ID 105584

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

境界チェックバイパスとブランチターゲットインジェクションの問題:CPUデータキャッシュタイミングを悪用して、CPUの誤った投機的実行から情報を効率的に漏えいし、さまざまなコンテキストでローカルセキュリティ境界を越えて任意の仮想メモリ読み取りの脆弱性を(最悪の場合)引き起こす可能性があります。(投機的実行は、最新のすべてのプロセッサで使用される、自動で固有のCPUパフォーマンス最適化です。)ESXi、Workstation、Fusionは、この脆弱性に起因する境界チェックバイパスおよびブランチターゲットインジェクションの問題に対して脆弱です。悪用の結果、ある仮想マシンから同じホストで実行されている別の仮想マシンへの情報漏えいの可能性があります。以下の表にリストされている修正は、境界チェックバイパスおよびブランチターゲットインジェクションの問題の既知のバリアントに対するものです。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、これらの問題に識別子CVE-2017-5753(境界チェックバイパス)およびCVE-2017-5715(ブランチターゲットインジェクション)が割り当てられています。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2018/000400.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 105584

ファイル名: vmware_VMSA-2018-0002.nasl

バージョン: 3.9

タイプ: local

公開日: 2018/1/4

更新日: 2018/8/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.6

Temporal Score: 5.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:5.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/1/3

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2017-5715, CVE-2017-5753

VMSA: 2018-0002

IAVA: 2018-A-0020