DebianDSA-4302-1:openafs - セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 117675

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

分散ファイルシステム AFS の実装であるopenafsで複数の脆弱性が判明しました。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクトは次の問題を特定しています:

- CVE-2018-16947Jeffrey Altman氏は、バックアップテープコントローラー(butc)プロセスは受信RPCを受け入れますが、それらのRPCの認証を必要としない(または許可しない)ことを報告しました。これにより、認証されていない攻撃者が、管理者の認証情報を使ってボリュームオペレーションを実行することが可能です。

- CVE-2018-16948Mark Vitale氏は、複数のRPCサーバールーチンが出力変数を完全に初期化しておらず、RPCが成功した場合にリモートの呼び出し元にメモリの内容(スタックとヒープの両方)を漏洩していることを報告しました。

- CVE-2018-16949Mark Vitale氏は、認証されていない攻撃者が、特別に細工されたリクエストを介して、大量のサーバーメモリとネットワーク帯域幅を消費し、正当なクライアントへのサービス拒否を引き起こす可能性があることを報告しました。

ソリューション

openafsパッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(stretch)では、これらの問題はバージョン1.6.20-2~deb9u2で修正されています。

参考資料

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=908616

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2018-16947

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2018-16948

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2018-16949

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/openafs

https://packages.debian.org/source/stretch/openafs

https://www.debian.org/security/2018/dsa-4302

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 117675

ファイル名: debian_DSA-4302.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/9/25

更新日: 2018/11/20

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:openafs, cpe:/o:debian:debian_linux:9.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2018/9/23

参照情報

CVE: CVE-2018-16947, CVE-2018-16948, CVE-2018-16949

DSA: 4302