DebianDLA-1796-1: jrubyのセキュリティ更新プログラム

critical Nessus プラグイン ID 125297

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Rubyプログラミング言語のJava実装であるjrubyに、複数の脆弱性が見つかりました。

CVE-2018-1000074

ownerコマンドの信頼できないデータの逆シリアル化の脆弱性により、コードの実行が発生する可能性があります。特別に細工されたYAMLファイルで、gemに「gem owner」コマンドを実行したと思われる被害者を介して、この攻撃が悪用される可能性があります。

CVE-2018-1000075

ruby gemパッケージのtarヘッダーでの負のサイズの脆弱性により、負のサイズが無限ループを引き起こす可能性があります。

CVE-2018-1000076

tarballに複数のgem署名が含まれているため、不適切なgem署名が発生する可能性のある、package.rbの暗号署名の脆弱性の不適切な検証がインストールされる可能性があります。

CVE-2018-1000077

ruby gems仕様ホームページ属性の不適切な入力検証の脆弱性により、悪意のあるgemが無効なホームページURLを設定する可能性があります。

CVE-2018-1000078

ホームページ属性のgemサーバー表示のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性により、XSSが発生する可能性があります。脆弱なgemサーバーで悪意のあるgemを閲覧したと思われる被害者を介して、この攻撃が悪用される可能性があります。

CVE-2019-8321

Gem::UserInteraction#verboseは回避せずにsayを呼び出すため、回避シーケンスインジェクションが可能です

CVE-2019-8322

gem ownerコマンドはAPIレスポンスのコンテンツを直接stdoutに出力します。したがって、応答が細工されている場合は、回避シーケンスインジェクションが発生する可能性があります。

CVE-2019-8323

Gem::GemcutterUtilities#with_response は、APIレスポンスをそのままstdoutに出力する可能性があります。したがって、API側が応答を変更する場合は、回避シーケンスインジェクションが発生する可能性があります。

CVE-2019-8324

複数行の名前を持つ細工されたgemは正しく処理されません。
そのため、攻撃者がgemspecのstub行に任意コードを注入する可能性があります

CVE-2019-8325

Gem::CommandManager#run は回避せずにalert_errorを呼び出すため、回避シーケンスインジェクションが可能です。(エラーはさまざまな形で引き起こされます。)

Debian 8「Jessie」では、これらの問題はバージョン1.5.6-9+deb8u1で修正されました。

お使いのjrubyパッケージをアップグレードすることを推奨します。

注: Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをDLAセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるjrubyパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2019/05/msg00028.html

https://packages.debian.org/source/jessie/jruby

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125297

ファイル名: debian_DLA-1796.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/5/21

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:jruby, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/20

脆弱性公開日: 2018/3/13

参照情報

CVE: CVE-2018-1000074, CVE-2018-1000075, CVE-2018-1000076, CVE-2018-1000077, CVE-2018-1000078, CVE-2019-8321, CVE-2019-8322, CVE-2019-8323, CVE-2019-8324, CVE-2019-8325