Samba 4.x < 4.9.17/4.10.x < 4.10.11/4.11.x < 4.11.3の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 132023

概要

リモートのSamba サーバーは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

リモートホストで実行しているSambaのバージョンは、4.9.17より前の4.x、4.10.11より前の4.10.x、4.11.3より前の4.11.xです。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- ルーチンがDNSレコードの大文字と小文字の区別を処理する方法が原因で、ldb_qsort()ルーチンおよびdns_name_compare()ルーチンにサービス拒否(DoS)の脆弱性があります。認証されたリモートの攻撃者がこの問題を悪用し、DNSゾーンの名前に一致するDNSレコードを登録してプロセスの応答を停止させる可能性があります。(CVE-2019-14861)- クライアントのすべてのチケットがnon-forwardableとなるよう強制することで、これらのクライアントのサブセットがS4U2Selfまたは通常のKerberos認証のいずれかの方法で制約のある委任から選択される可能性のある機能が、S4U(MS-SFU)のKerberos委任モデルに含まれる欠陥があります。ADではこれは、delegation_not_allowed(別名非委任)のユーザー属性によって実装されており、disallow-forwardableに変換されます。ただし、Samba AD DCはS4U2Selfに対してはそれを行わず、なりすまされたクライアントにnot-delegatedのフラグが設定されている場合でもforwardableのフラグを設定します。(CVE-2019-14870)Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Sambaバージョン4.9.17/4.10.11/4.11.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2019-14861.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2019-14870.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 132023

ファイル名: samba_4_11_3.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/12/13

更新日: 2020/1/23

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-14870

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:samba:samba

必要な KB アイテム: SMB/NativeLanManager, SMB/samba, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/10

脆弱性公開日: 2019/12/10

参照情報

CVE: CVE-2019-14861, CVE-2019-14870