Windows 10/Windows Server 2016/Windows Server 2019用のセキュリティ更新プログラム (2020年11月 )

medium Nessus プラグイン ID 143043

概要

リモートのWindowsホストにマイクロコード更新プログラムがありません。

説明

リモートのWindowsホストにセキュリティ更新プログラムがありません。したがって、以下の脆弱性に対処するためのマイクロコードの更新プログラムがありません。

-マイクロアーキテクチャーストアバッファデータサンプリング (MSBDS ) (CVE-2018-12126 ) 。

- マイクロアーキテクチャーロードポートデータサンプリング (CVE-2018-12127 )

-インテル®実行平均電力制限 (RAPL ) インターフェイス (CVE-2020-8695 )

Nessusはこれらの欠陥を実際にテストしたり、ターゲットのプロセッサーのアーキテクチャをチェックしておらず、対応するWindowsリリースを最新にするため、代わりにmcupdate_GenuineIntel.dllのバージョンに依存しています。

ソリューション

MicrosoftはWindows 10、Windows Server 2016、Server 2019のセキュリティ更新プログラムをリリースしました。

関連情報

http://www.nessus.org/u?929b2ccf

http://www.nessus.org/u?1fffa220

http://www.nessus.org/u?42adde49

http://www.nessus.org/u?30ff7180

http://www.nessus.org/u?fdc1e724

http://www.nessus.org/u?444c0c20

http://www.nessus.org/u?8c467280

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 143043

ファイル名: smb_nt_ms20_nov_oob_microcode.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2020/11/18

更新日: 2021/3/19

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 3.5

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-12126

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.6

Temporal Score: 4.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:microsoft:windows:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/11

脆弱性公開日: 2020/11/10

参照情報

CVE: CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130, CVE-2019-11091, CVE-2020-8695, CVE-2020-8696, CVE-2020-8698

MSKB: 4589198, 4589206, 4589208, 4589210, 4589211, 4589212

MSFT: MS20-4589198, MS20-4589206, MS20-4589208, MS20-4589210, MS20-4589211, MS20-4589212