Webmin <= 1.941の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 146531

概要

リモートのWebサーバーは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホスト上のWebminのバージョンは次ぐのものを含む、複数の脆弱性の影響を受けます:

-XSSの脆弱性がWebmin1.941およびそれ以前のWebminに存在し、Cluster Shell Commands Endpointに影響を与えます。
ユーザーは任意のXSSペイロードをコマンドフィールドに入力し、実行する可能性があります。その後、Cluster Shell Commands Menuに戻ると、XSSペイロードがレンダリングされて実行されます。 (CVE-2020-8820)

-不適切なデータ検証の脆弱性がWebmin1.941およびそれ以前のWebminに存在し、Cluster Shell Commands Endpointに影響を与えます。ユーザーは、HTMLコードをコマンドフィールドに入力し、送信する可能性があります。その後、Action Logs Menuにアクセスしてログを表示すると、HTMLコードがレンダリングされます(ただし、JavaScriptは実行されません)。
変更はユーザー間で維持されます。 (CVE-2020-8821)

-XSSがWebmin 1.941およびそれ以前のWebminに存在し、HTMLメールを保存しようとするとき、Read User Email Module /メールボックスエンドポイントの保存機能に影響を与えます。入力を適切にサニタイズするView関数とは異なり、このモジュールはSCRIPT要素をサニタイズせずに出力を解析します。悪意のあるユーザーがJavaScriptペイロードをメッセージ本文に送信し、そのユーザーがそのメールの保存を決定した場合に、それを実行する可能性があります。 (CVE-2020-12670)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Webmin 1.953以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.webmin.com/changes.html

http://www.webmin.com/security.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 146531

ファイル名: webmin_1_953.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2021/2/16

更新日: 2021/2/19

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-12670

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:webmin:webmin

必要な KB アイテム: www/webmin, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/12

脆弱性公開日: 2020/10/12

参照情報

CVE: CVE-2020-8820, CVE-2020-8821, CVE-2020-12670