Debian DSA-5020-1: apache-log4j2 - セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 156015

概要

リモートの Debian ホストに 1 つまたは複数のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 10 / 11 ホストには、dsa-5020 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Apache Log4j SMTP アペンダーのホスト不一致を伴う証明書の不適切な検証。これにより、SMTPS 接続が中間者攻撃によって傍受され、そのアペンダーを通じて送信されたログメッセージが漏洩する可能性があります。 (CVE-2020-9488)

- 構成、ログメッセージ、およびパラメーターで使用される Apache Log4j2 <=2.14.1 JNDI 機能は、攻撃者が制御する LDAP およびその他の JNDI 関連のエンドポイントから保護しません。メッセージ検索置換が有効な場合、ログメッセージまたはログメッセージパラメーターを制御できる攻撃者が、LDAP サーバーからロードされた任意のコードを実行する可能性があります。log4j 2.15.0以降、この動作はデフォルトで無効になっています。以前のリリース (>2.10) では、システムプロパティ log4j2.formatMsgNoLookups を true に設定するか、JndiLookup クラスをクラスパスから削除することで、この動作を緩和できます (例:zip -q -d log4j-core-*.jar org/apache/logging/log4j/core/lookup/JndiLookup.class)。Java 8u121 ( https://www.oracle.com/java/technologies/javase/8u121-relnotes.htmlを参照) は、com.sun.jndi.rmi.object.trustURLCodebase およびcom.sun.jndi.cosnaming.object.trustURLCodebase を false にデフォルト設定することで、リモートコードの実行から保護します。 (CVE-2021-44228)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

apache-log4j2 パッケージをアップグレードしてください。

安定版 (stable) ディストリビューション (bullseye) では、これらの問題はバージョン 2.15.0-1~deb11u1 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=959450

http://www.nessus.org/u?a7f9f2b8

https://www.debian.org/security/2021/dsa-5020

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2020-9488

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-44228

https://packages.debian.org/source/buster/apache-log4j2

https://packages.debian.org/source/bullseye/apache-log4j2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156015

ファイル名: debian_DSA-5020.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/12

更新日: 2022/8/31

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-44228

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:liblog4j2-java, cpe:/o:debian:debian_linux:10.0, cpe:/o:debian:debian_linux:11.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/11

脆弱性公開日: 2020/4/27

CISAの既知の悪用日: 2021/12/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2020-9488, CVE-2021-44228

IAVA: 2020-A-0196-S, 2020-A-0324, 2021-A-0035-S, 2021-A-0573, 0001-A-0650