Slackware Linux 14.0 / 14.1 / 14.2 / 最新版 alpine の複数の脆弱性 (SSA:2022-025-02)

high Nessus プラグイン ID 157116

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、polkit のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモート ホストにインストールされている polkit のバージョンは、0.105 / 0.113 / 0.120 より前です。したがって、SSA:2022-025-02 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- polkit の pkexec ユーティリティにローカル権限昇格の脆弱性が見つかりました。pkexec アプリケーションは、権限のないユーザーが、事前定義されたポリシーに従って、権限のあるユーザーとしてコマンドを実行できるように設計された setuid ツールです。pkexec の現在のバージョンは、呼び出しパラメーターカウントを適切に処理せず、環境変数をコマンドとして実行する試みを終了します。攻撃者は、pkexec が任意のコードを実行するように環境変数を細工することで、これを利用できます。攻撃が正常に実行されると、対象のマシンで権限のないユーザーに管理者権限が与えられ、ローカルの権限昇格が引き起こされる可能性があります。 (CVE-2021-4034)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける polkit パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 157116

ファイル名: Slackware_SSA_2022-025-02.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

公開日: 2022/1/26

更新日: 2022/6/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-4034

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:polkit, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/1/25

CISAの既知の悪用日: 2022/7/18

エクスプロイト可能

Metasploit (Local Privilege Escalation in polkits pkexec)

参照情報

CVE: CVE-2021-4034

IAVA: 2022-A-0055