Slackware Linux 15.0kernel-generic 複数の脆弱性 (SSA:2022-067-01)

high Nessus プラグイン ID 158743

概要

リモートのSlackware Linuxホストに、kernel-generic のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている kernel-generic のバージョンは、5.15.27/ 5.15.27_smp より前です。したがって、次に記載されている複数の脆弱性の影響を受けます : SSA:2022-067-01 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Linux カーネルの memstick の drivers/memstick/host/rtsx_usb_ms.c の rtsx_usb_ms_drv_remove にメモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性が見つかりました。この欠陥では、ユーザーの権限を持つローカルの攻撃者がシステムの機密性に影響を与える可能性があります。この欠陥は、5.14 rc1 より前のカーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2022-0487)

- Linux カーネルの kernel/cgroup/cgroup-v1.c 関数の cgroup_release_agent_write に脆弱性が見つかりました。特定の状況下で、この欠陥により、cgroups v1 release_agent 機能を使用して権限を昇格させ、名前空間の分離を予期せずバイパスする可能性があります。
(CVE-2022-0492)

- 5.16.10より前の Linux カーネルの drivers/usb/gadget/composite.c に問題が発見されました。USB Gadget サブシステムには、インターフェイス OS 記述子リクエスト (大きな配列インデックスを持つものと NULL 関数ポインターの取得に関連するもの) の特定の検証がありません。メモリ破損が発生する可能性があります。
(CVE-2022-25258)

- 5.16.10より前の Linux カーネルの drivers/usb/gadget/function/rndis.c に問題が発見されました。RNDIS USB ガジェットには、RNDIS_MSG_SET コマンドのサイズの検証がありません。攻撃者がカーネルメモリから秘密情報を入手することが可能です。(CVE-2022-25375)

- Linuxカーネル 5.4〜 5.6.10の net/netfilter/nf_dup_netdev.c により、ヒープ領域外書き込みのためにローカルユーザーが権限を取得する可能性があります。これは、nf_tables_offload に関連しています。(CVE-2022-25636)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-generic パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158743

ファイル名: Slackware_SSA_2022-067-01.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2022/3/9

更新日: 2022/4/26

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0435

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-source, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/2/4

CISAの既知の悪用日: 2022/5/16

エクスプロイト可能

Metasploit (Dirty Pipe Local Privilege Escalation via CVE-2022-0847)

参照情報

CVE: CVE-2022-0435, CVE-2022-0487, CVE-2022-0492, CVE-2022-0516, CVE-2022-0847, CVE-2022-25258, CVE-2022-25375, CVE-2022-25636