Slackware Linux 15.0kernel-generic 複数の脆弱性 (SSA:2022-129-01)

high Nessus プラグイン ID 160874

概要

リモートのSlackware Linuxホストに、kernel-generic のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている kernel-generic のバージョンは、5.15.38/ 5.15.38_smp より前です。したがって、次に記載されている複数の脆弱性の影響を受けます : SSA:2022-129-01 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 一部の Intel(R) プロセッサでコンテキスト間の分岐予測セレクターを非透過で共有すると、承認されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-0001)

- 一部の Intel(R) プロセッサでコンテキスト内の分岐予測セレクターを非透過で共有すると、承認されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-0002)

- カーネル情報漏洩の欠陥が、Linuxカーネルの drivers/scsi/scsi_ioctl.c の scsi_ioctl 関数で特定されました。この欠陥により、特別なユーザー権限 (CAP_SYS_ADMIN または CAP_SYS_RAWIO) を持つローカルの攻撃者が、機密性の問題を生み出す可能性があります。(CVE-2022-0494)

- BPF_BTF_LOAD による無制限の eBPF 使用に欠陥が見つかりました。これにより、ユーザーが BTF をロードする方法が原因で、Linux カーネルの BPF サブシステムで領域外メモリ書き込みが発生する可能性があります。この欠陥により、ローカル ユーザーがクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-0500)

- Linux カーネル 5.13+ の icmp6 実装の際のメモリリークにより、リモートの攻撃者は、タイプ 130 または 131 の icmp6 パケットを使用してメモリを使い果たし、ホストを DoS することができます。過去のコミット 2d3916f3189172d5c69d33065c3c21119fe539fc のアップグレードをお勧めします。(CVE-2022-0742)

- Linux カーネルの DMA サブシステムで、ユーザーが DMA_FROM_DEVICE を呼び出す方法で、メモリリークの欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルユーザーがカーネル空間からランダムメモリを読み取る可能性があります。(CVE-2022-0854)

- Linux カーネルの watch_queue イベント通知サブシステムに、領域外 (OOB) メモリ書き込みの欠陥が見つかりました。この欠陥により、カーネル状態の一部が上書きされ、ローカルユーザーが権限アクセスを取得したり、システムでサービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2022-0995)

- ユーザーが write() をトリガーする方法に関して、Linux カーネルの FUSE ファイルシステムにメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルユーザーが FUSE ファイルシステムからデータへ不正にアクセスし、権限昇格を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-1011)

- netfilter サブシステムの linux/net/netfilter/nf_tables_api.c の Linux カーネルに欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルユーザーが領域外書き込みの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-1015)

- PCM hw_params の同時呼び出しをトリガーする方法に関して、Linux カーネルサウンドサブシステムにメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。hw_free ioctls または同様の競合状態が、他の ioctls の ALSA PCM 内部で発生します。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-1048)

-Linux カーネルの net/key/af_key.c の pfkey_register 関数に脆弱性が見つかりました。この欠陥により、権限のないローカルユーザーがカーネルメモリにアクセスし、システムクラッシュや内部カーネル情報の漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-1353)

- Linux カーネルの標準化されたネットワークプロトコル機能の X.25 セットで、ユーザーが擬似イーサネットカードを使用してセッションを終了し、この接続を継続して使用する方法において、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。この欠陥により、ローカルユーザーがシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2022-1516)

- Linux PV デバイスのフロントエンドは、バックエンドによる攻撃に脆弱です。[この CNA 情報レコードは複数の CVE に関連しています。テキストは、どの側面/脆弱性がどの CVE に対応するかを説明しています。] いくつかの Linux PV デバイスのフロントエンドは、競合状態の影響を受ける方法でバックエンドのアクセス権を削除するために許可テーブルインターフェイスを使用しており、悪意のあるバックエンドによるデータ漏洩やデータ破損が引き起こされる可能性があり、悪意のあるバックエンドによってサービス拒否が引き起こされます。blkfront、netfront、scsifront および gntalloc ドライバーは、付与参照が引き続き使用されているかどうかをテストしています。これが当てはまらない場合、許可されたアクセスのその後の削除は常に成功すると想定します。これは、これら2つの操作の間に、バックエンドが許可されたページをマッピングした場合には当てはまりません。その結果、フロントエンド I/O の終了後に、ページがどのように使用されるかにかかわらず、バックエンドはゲストのメモリページへのアクセスを維持できます。
xenbus ドライバーには、同様の問題があります。共有リングバッファの許可されたアクセスの削除が成功したかをチェックしないためです。blkfront:CVE-2022-23036 netfront:CVE-2022-23037 scsifront:CVE-2022-23038 gntalloc:CVE-2022-23039 xenbus:CVE-2022-23040 blkfront、netfront、scsifront、usbfront、dmabuf、xenbus、9p、kbdfront、および pvcalls は、許可参照が使用されなくなるまで、許可参照の解放を遅らせる機能を使用していますが、関連するデータページの解放は、許可されたアクセス権のドロップと同期していません。その結果、バックエンドが解放され、別の目的で再利用された後でも、メモリページへのアクセスを維持できます。CVE-2022-23041 netfront は、rx パスのアクセス権を取り消すことに失敗すると、BUG_ON() アサーションに失敗します。これにより、ゲストのサービス拒否 (DoS) 状態が発生し、バックエンドによってトリガーされる可能性があります。CVE-2022-23042 (CVE-2022-23036、CVE-2022-23037、CVE-2022-23038、CVE-2022-23039、CVE-2022-23040、CVE-2022-23041、CVE-2022-23042)

- 5.15.14までの Linux カーネルの kernel/bpf/verifier.c では、特定の * _OR_NULL ポインタータイプを介してポインター演算を利用できるため、ローカルユーザーが権限を取得する可能性があります。(CVE-2022-23222)

- 2022-03-08 までの特定の Arm Cortex および Neoverse プロセッサは、キャッシュ投機 (別名 Spectre-BHB ) を適切に制限しません。攻撃者は Branch History Buffer (BHB) の共有分岐履歴を利用して、誤って予測された分岐に影響を与える可能性があります。その後、キャッシュ割り当てにより、攻撃者が機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2022-23960)

- 5.16.8までの Linux カーネルの drivers/usb/gadget/legacy/inode.c が、dev-> buf リリースを不適切に処理します。
(CVE-2022-24958)

- 5.16.12までの Linux カーネルの drivers/nfc/st21nfca/se.c の st21nfca_connectivity_event_received には、EVT_TRANSACTION バッファオーバーフローがあります。長さのパラメーターが信頼できないためです。(CVE-2022-26490)

- net/ipv4/esp4.c および net/ipv6/esp6.c の IPsec ESP 変換コードにヒープバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。この欠陥により、通常のユーザー権限を持つローカルの攻撃者がカーネルヒープオブジェクトを上書きし、ローカル権限昇格の脅威を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-27666)

- 5.17.1より前の Linux カーネルで、refcount 漏洩バグが net/llc/af_llc.c で見つかりました。(CVE-2022-28356)

- 5.17.1までの Linux カーネルの drivers/net/can/usb/usb_8dev.c の usb_8dev_start_xmit には、二重解放があります。(CVE-2022-28388)

- 5.17.1までの Linux カーネルの drivers/net/can/usb/mcba_usb.c の mcba_usb_start_xmit には、二重解放があります。(CVE-2022-28389)

- 5.17.1までの Linux カーネルの drivers/net/can/usb/ems_usb.c の ems_usb_start_xmit には、二重解放があります。
(CVE-2022-28390)

- 5.17.3より前の Linux カーネルでは、io_uring タイムアウトの競合状態により、fs / io_uring.c にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) があります。これは、ユーザー名前空間にアクセス権のないローカルユーザーによって引き起こされる可能性があります。ただし、競合状態が悪用されるのはまれです。(CVE-2022-29582)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-generic パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160874

ファイル名: Slackware_SSA_2022-129-01.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/5/10

更新日: 2022/5/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-23222

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-28390

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-source, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/1/14

エクスプロイト可能

Metasploit (Watch Queue Out of Bounds Write)

参照情報

CVE: CVE-2022-0001, CVE-2022-0002, CVE-2022-0168, CVE-2022-0494, CVE-2022-0500, CVE-2022-0742, CVE-2022-0854, CVE-2022-0995, CVE-2022-1011, CVE-2022-1015, CVE-2022-1016, CVE-2022-1048, CVE-2022-1158, CVE-2022-1198, CVE-2022-1199, CVE-2022-1204, CVE-2022-1205, CVE-2022-1263, CVE-2022-1353, CVE-2022-1516, CVE-2022-23036, CVE-2022-23037, CVE-2022-23038, CVE-2022-23039, CVE-2022-23040, CVE-2022-23041, CVE-2022-23042, CVE-2022-23222, CVE-2022-23960, CVE-2022-24958, CVE-2022-26490, CVE-2022-27666, CVE-2022-28356, CVE-2022-28388, CVE-2022-28389, CVE-2022-28390, CVE-2022-29582