Slackware Linux 14.0 / 14.1 / 14.2 / 15.0 / 最新の rsync の脆弱性 (SSA:2022-227-01)

high Nessus プラグイン ID 164125

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、rsync のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている rsync のバージョンは、3.2.5 より前です。したがって、SSA:2022-227-01 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 3.2.5 以前の rsync で、悪意のあるリモートサーバーが接続ピアのディレクトリ内に任意のファイルを書き込むことを可能にする問題が発見されました。サーバーは、クライアントに送信されるファイル / ディレクトリを選択します。ただし、rsync クライアントはファイル名の検証を不十分にします。悪意のある rsync サーバー (または中間者攻撃の攻撃者) が、rsync クライアントのターゲットディレクトリおよびサブディレクトリにある任意のファイルを上書きする可能性があります (たとえば、.ssh/authorized_keys ファイルを上書き)。(CVE-2022-29154)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるrsyncパッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164125

ファイル名: Slackware_SSA_2022-227-01.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2022/8/15

更新日: 2022/8/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-29154

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:rsync, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/8/2

参照情報

CVE: CVE-2022-29154