CentOS 5:カーネル(CESA-2007:0347)

high Nessus プラグイン ID 43641

言語 :

New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.4

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

セキュリティの問題とバグを修正する更新されたカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新に重大なセキュリティインパクトがあると評価しています。

Linux カーネルで、オペレーティングシステムの基本関数を処理します。

新しいカーネルパッケージには、次のセキュリティの問題に対する修正が収納されています:

* IPv6 type 0 ルーティングヘッダーの処理での欠陥。これにより、リモートユーザーは 2 台のルーター間でネットワークを増幅させて、サービス拒否を引き起こす可能性がありました(CVE-2007-2242、重要度高)。

* nfnetlink_log netfilter モジュールでの欠陥。これにより、ローカルユーザーはサービス拒否を引き起こす可能性がありました(CVE-2007-1496、重要度高)。

* 受聴している IPv6 ソケットのフローリストでの欠陥。これにより、ローカルユーザーはサービス拒否を引き起こす可能性がありました(CVE-2007-1592、重要度高)。

* netlink メッセージの処理での欠陥。これにより、ローカルユーザーはサービス拒否(無限再帰)を引き起こす可能性がありました(CVE-2007-1861、重要度高)。

* IPv4 転送中ベースでの欠陥。これにより、ローカルユーザーは領域外アクセスを引き起こす可能性がありました(CVE-2007-2172、重要度高)。

* IPv6 の nf_conntrack netfilter モジュールでの欠陥。これにより、リモートユーザーは IPv6 フラグメントを使用している特定の netfilter ルールをバイパスすることができました(CVE-2007-1497、重要度中)。

上記で示したセキュリティの問題に加えて、次に対する修正が収納されています:

* ipv6 ルーティングでのバグの再発。

* メモリ初期化でのエラー。これは、 ia64 で gdb が不正確な逆トレースを出力する原因でした。

* nmi ウオッチドッグタイムアウトが、5 秒から 30 秒に更新されました。

* 分散ロック管理での欠陥。この結果、仮想マシンの移行中にエラーが発生する可能性があります。

* カーネルヘッダーで省略されたインクルード。一部のパッケージでコンパイルが失敗していました。

Red Hat Enterprise Linux 5 のユーザーは、これらのパッケージにアップグレードすることをお勧めします。ここには、これらの問題を修正するバックポートされたパッチが収納されています。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cc6f80cb

http://www.nessus.org/u?698bc3ce

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 43641

ファイル名: centos_RHSA-2007-0347.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/1/6

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 4.4

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:kernel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-PAE, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-doc, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-headers, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-xen, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-xen-devel, cpe:/o:centos:centos:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2007/5/19

脆弱性公開日: 2007/3/16

参照情報

CVE: CVE-2007-1496, CVE-2007-1497, CVE-2007-1592, CVE-2007-1861, CVE-2007-2172, CVE-2007-2242

BID: 23104, 23615

RHSA: 2007:0347

CWE: 20, 119, 399