Ubuntu 8.04 LTS / 10.04 LTS / 10.10 / 11.04 / 11.10:libxml2 脆弱性(USN-1334-1)

high Nessus プラグイン ID 57615
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

libxml2 に、off-by-one のエラーがあることが判明しました。ユーザーもしくは libxml2 に対してリンクされたアプリケーションが、騙されて特別に細工された XML ファイルを開いた場合、攻撃者がアプリケーションをクラッシュしたり、プログラムを起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2011-0216)

libxml2 は、特定の XML ドキュメントを解析する際に、二重解放の状態に脆弱であることが判明しました。これにより、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-2821、CVE-2011-2834)

libxml2 は、特定の XML ドキュメントを解析する際に、ファイルの終端を適切に検出していないことが判明しました。攻撃者は、これを悪用して、libxml2 にリンクされたアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-3905)

libxml2 は、名前が長いエンティティ参照を適切に解読していないことが判明しました。ユーザーもしくは libxml2 に対してリンクされたアプリケーションが、騙されて特別に細工された XML ファイルを開いた場合、攻撃者がアプリケーションをクラッシュしたり、プログラムを起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。
(CVE-2011-3919)。

ソリューション

影響を受ける libxml2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1334-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 57615

ファイル名: ubuntu_USN-1334-1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2012/1/20

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libxml2, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:8.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/1/19

脆弱性公開日: 2011/7/21

参照情報

CVE: CVE-2011-0216, CVE-2011-2821, CVE-2011-2834, CVE-2011-3905, CVE-2011-3919

BID: 48832, 49279, 49658, 51084, 51300

USN: 1334-1