MS13-052:.NET Framework および Silverlight のリモートコード実行可能な脆弱性(2861561)

high Nessus プラグイン ID 67209
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Windows ホストに .NET Framework をインストールすることにより、任意のコードが実行される可能性があります。

説明

報告によると、リモートホストにインストールされている .NET Framework のバージョンは以下の脆弱性の影響を受けます:

- 影響を受けるコンポーネントが、特別に細工された TrueType フォントファイルを処理する方法で、リモートコードの実行を引き起こす可能性のある脆弱性が存在します。攻撃者がユーザーを誘導して、特別に細工された TrueType フォントファイルを開かせることで、この問題を利用する可能性があります。
(CVE-2013-3129)

- .NET Framework は、小さな構造体の多次元配列を適切に処理していないため、リモートコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-3131)

- .NET Framework は、リフレクションを行っている特定のオブジェクトのアクセス権を、適切に検証していません。
これにより、攻撃者が自分の権限を昇格して、システムを完全にコントロールできる可能性があります。
(CVE-2013-3132)

- .NET Framework は、リフレクションに関わるオブジェクトのアクセス権を適切に検証していないため、権限昇格を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-3133)

- .NET Framework は、リモートコードの実行の脆弱性による影響を受けます。この脆弱性は、小さな構造体の配列を割り当てる方法に起因します。(CVE-2013-3134)

- .NET Framework は、シリアル化の間に、デリゲートオブジェクトのアクセス権を適切に検証していないため、権限昇格を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-3171)

- Microsoft Silverlight は、null ポインターを適切に処理していないため、リモートコードの実行を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-3178)

ユーザーを騙して、XAML Browser Applications(XBAP)または Silverlight アプリケーションを実行できる Web ブラウザを使用して、特別に細工された Web ページを閲覧させることができる場合、攻撃者がこれらの脆弱性を利用して、影響を受けるシステムで任意のコードを実行できる場合があります。

ソリューション

Microsoft は、Silverlight 5 以外にも、.NET Framework 1.0、1.1、2.0、3.0、3.5、3.5.1、4.0、および 4.5 用の一連のパッチをリリースしています。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2013/ms13-052

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 67209

ファイル名: smb_nt_ms13-052.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2013/7/10

更新日: 2018/11/15

依存関係: smb_hotfixes.nasl, silverlight_detect.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows, cpe:/a:microsoft:silverlight, cpe:/a:microsoft:.net_framework

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/7/9

脆弱性公開日: 2013/7/9

参照情報

CVE: CVE-2013-3129, CVE-2013-3131, CVE-2013-3132, CVE-2013-3133, CVE-2013-3134, CVE-2013-3171, CVE-2013-3178

BID: 60932, 60933, 60934, 60935, 60937, 60938, 60978