Ubuntu 10.04 LTS/12.04 LTS/12.10/13.10:tomcat6、tomcat7 の脆弱性(USN-2130-1)

high Nessus プラグイン ID 72874

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Tomcat で、一貫性のない特定の HTTP ヘッダーが不適切に処理されることが判明しました。リモートの攻撃者は、この欠陥を利用して、リクエストスマグリング攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2013-4286)

チャンク転送エンコーディングを使用して送信された特定のリクエストを、 Tomcat が不適切に処理したことが、発見されました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、 Tomcat サーバーの応答を停止し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-4322)

Tomcat で、URL でセッション ID を処理する際に、disableURLRewriting 設定を不適切に適用することが判明しました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、セッション固定攻撃を仕掛ける可能性があります。この問題により影響を受けるのは、 Ubuntu 12.04 LTS のみです。
(CVE-2014-0033)

Tomcat で、無効な形式の Content-Type ヘッダーおよびマルチパートリクエストが、不適切に処理されることが判明しました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、 Tomcat サーバーの応答を停止し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この問題が該当するのは、Ubuntu 12.10 および Ubuntu 13.10 のみです。(CVE-2014-0050)。

ソリューション

影響を受ける libtomcat6-java および/または libtomcat7-java のパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2130-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 72874

ファイル名: ubuntu_USN-2130-1.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/3/7

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libtomcat6-java, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libtomcat7-java, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:13.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/3/6

脆弱性公開日: 2014/2/26

参照情報

CVE: CVE-2013-4286, CVE-2013-4322, CVE-2014-0033, CVE-2014-0050

BID: 65400, 65767, 65769, 65773

USN: 2130-1