CentOS 6:カーネル(CESA-2014:0771)

medium Nessus プラグイン ID 76170

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題と複数のバグを修正した更新済みカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 6 で利用可能になりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* Linux カーネルの futex サブシステムが特定の優先度継承(PI)futex のリキューイングを処理する方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用して、システム上で権限を昇格する可能性があります。(CVE-2014-3153、重要度高)

* Linux カーネルのフロッピードライバーが、FDRAWCMD IOCTL コマンドの処理中に特定のエラーコードパスでユーザー空間が提供するデータを処理する方法で、欠陥が見つかりました。/dev/fdX への書き込み権限を持つローカルユーザーが、この欠陥を利用して、(kfree() 関数を使用して)任意のカーネルメモリを解放する可能性があります。(CVE-2014-1737、重要度高)

* FDRAWCMD IOCTL コマンドの処理中、Linux カーネルのフロッピードライバーで、内部のカーネルメモリのアドレスがユーザー空間に漏洩していたことがわかりました。/dev/fdX への書き込み権限を持つローカルのユーザーが、この欠陥を利用して、カーネルヒープの手配に関する情報を入手する可能性があります。(CVE-2014-1738、重要度低)

注:/dev/fdX への書き込み権限を持つローカルのユーザーが、この 2 つの欠陥(CVE-2014-1737 および CVE-2014-1738)を利用して、システムで権限を昇格する可能性があります。

* proc_ns_follow_link() 関数が、最後のパス名コンポーネントの LAST_BIND の値を、procfs シンボリックリンクで期待されているように適切に返さないことが判明しました。これにより、メモリが過剰に開放され、結果としてスラブが破損される可能性があります。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を悪用して、システムをクラッシュさせることが可能でした。
(CVE-2014-0203、重要度中)

* ユーザー空間のアプリケーションがリンケージスタックの使用を試みる場合、Linux カーネルが例外を処理する方法で、欠陥が見つかりました。IBM S/390 システムで、権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせることが可能です。(CVE-2014-2039、重要度中)

* Linux カーネルでの Marvell 8xxx Libertas WLAN(libertas)ドライバーに、無効なポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。Libertas ドライバーに提供され、デバッグファイルシステム(debugfs)に配置されるファイルへ書き込みを行えるローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュすることが可能です。注:この問題を悪用するには、debugfs ファイルシステムをローカルにマウントする必要があります。デフォルトではマウントされていません。(CVE-2013-6378、重要度低)

* Linux カーネルの SELinux の実装が、空の SELinux セキュリティコンテキストのあるファイルを処理する方法で、サービス拒否の欠陥が発見されました。CAP_NET_ADMIN 機能のあるローカルユーザーが、この欠陥を利用し、システムをクラッシュすることが可能でした。(CVE-2014-1874、重要度低)

Red Hat は、CVE-2014-3153 を報告してくれた Google の Kees Cook 氏に、CVE-2014-1737 および CVE-2014-1738 を報告してくれた Matthew Daley 氏に、CVE-2014-0203 を報告してくれた Parallels の Vladimir Davydov 氏に感謝の意を表します。Google は、Pinkie Pie 氏を CVE-2014-3153 の最初の報告者として認めています。

この更新は、いくつかのバグも修正します。これらの変更に関するドキュメントは、「参照」セクションでリンクされているテクニカルノートドキュメントから、間もなく入手できるようになります。

カーネルの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6c1ddaba

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 76170

ファイル名: centos_RHSA-2014-0771.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/23

更新日: 2022/5/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3153

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0203

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:kernel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-doc, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-firmware, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-headers, p-cpe:/a:centos:centos:perf, p-cpe:/a:centos:centos:python-perf, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/6/20

脆弱性公開日: 2013/11/27

CISAの既知の悪用日: 2022/6/15

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Android Towelroot Futex Requeue Kernel Exploit)

参照情報

CVE: CVE-2013-6378, CVE-2014-0203, CVE-2014-1737, CVE-2014-1738, CVE-2014-1874, CVE-2014-2039, CVE-2014-3153

BID: 63886, 65459, 65700, 67300, 67302, 67906, 68125

RHSA: 2014:0771