Debian DLA-132-1:openssl セキュリティ更新(FREAK)

medium Nessus プラグイン ID 82115

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

Secure Sockets Layer のツールキットである OpenSSL で、多数の脆弱性が発見されています。Common Vulnerabilities and Exposures プロジェクトでは、次の問題を特定しています:

CVE-2014-3570

Blockstream の Pieter Wuille 氏は、Bignum の二乗計算(BN_sqr)が一部のプラットフォームで正しくない結果を生成し、このためにリモートの攻撃者が暗号保護メカニズムを破ることが簡単になる可能性があることを報告しました。

CVE-2014-3571

Cisco Systems、Inc. の Markus Stenberg 氏は、入念に細工された DTLS メッセージが、NULL ポインターデリファレンスのために OpenSSL でセグメンテーション違反を引き起こす可能性があることを報告しました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、DoS 攻撃(サービス拒否攻撃)を仕掛ける可能性があります。

CVE-2014-3572

INRIA の PROSECCO チームの Karthikeyan Bhargavan 氏は、OpenSSL クライアントが、サーバーのキー交換メッセージが省略されている場合、エフェメラル ECDH 暗号スイートを使用するハンドシェイクを受け入れることを報告しました。これにより、リモートの SSL サーバーは、ECDHE-to-ECDH ダウングレード攻撃を仕掛けることや、forward secrecy の損失を発生させることができます。

CVE-2014-8275

Codenomicon CROSS プロジェクトの Antti Karjalainen 氏、Tuomo Untinen 氏、ならびに Google の Konrad Kraszewski 氏は、リモートの攻撃者が指紋ベースの証明書ブラックリスト保護機構を破る可能性がある、さまざまな証明書の指紋の問題を報告しました。

CVE-2015-0204

INRIA の PROSECCO チームの Karthikeyan Bhargavan 氏は、OpenSSL クライアントが非エクスポート RSA キー交換暗号スイートでエフェメラル RSA キーの使用を受け入れ、TLS 標準に違反することを報告しました。
これにより、リモートの SSL サーバーは、セッションのセキュリティをダウングレードすることができます。

注:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを DLA セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2015/01/msg00005.html

https://packages.debian.org/source/squeeze-lts/openssl

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 82115

ファイル名: debian_DLA-132.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/3/26

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libcrypto0.9.8-udeb, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libssl-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libssl0.9.8, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libssl0.9.8-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:openssl, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/11

参照情報

CVE: CVE-2014-3570, CVE-2014-3571, CVE-2014-3572, CVE-2014-8275, CVE-2015-0204

BID: 71935, 71936, 71937, 71939, 71942, 74107, 75769