Debian DSA-3446-1:openssh - セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 87934
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Qualys セキュリティチームが、OpenSSH クライアント(SSH プロトコルパッケージの実装)のローミングコードに、2 つの脆弱性を発見しました。

SSH ローミングは、SSH 接続が予期せず切断される場合、クライアントがしばらくしてから接続を再開できるようにし、サーバーもそれをサポートするようにします。

OpenSSH サーバーはローミング機能をサポートしませんが、OpenSSH クライアントは(ドキュメントには記載されていないものの)その機能をサポートしており、デフォルトで有効になっています。

- CVE-2016-0777 情報漏洩は、ローグ SSH サーバーにより悪用される可能性があり、クライアントを騙して、たとえば秘密鍵を含む、機密データをクライアントメモリから漏洩させることができます。

- CVE-2016-0778 バッファオーバーフロー(ファイル記述子の漏洩につながります)は、ローグ SSH サーバーによっても悪用される可能性がありますが、このコードの中の他のバグのために、おそらくは悪用不能であり、デフォルトの構成ではなく、ProxyCommand、ForwardAgent または ForwardX11 を使用する際の特定の条件下のみで可能です。

このセキュリティ更新により、OpenSSH クライアントでのローミングコードは完全に無効化されます。

また、global /etc/ssh/ssh_config ファイルに(ドキュメントに記載されていない)「UseRoaming no」オプションを追加することや、コマンドラインに -oUseRoaming=no を渡すことでローミング機能を無効化することも可能です。

パスフレーズのない秘密鍵を使用するユーザーは、とりわけ非インタラクティブセットアップ(ssh、scp、rsync+ssh などを使用する自動化ジョブ)では、信頼できない SSH サーバーに接続したことがある場合は、鍵を更新することを推奨します。

攻撃および対応策の識別に関する詳細は、Qualys セキュリティアドバイザリを参照してください。

ソリューション

openssh パッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション(wheezy)では、これらの問題はバージョン 1:6.0p1-4+deb7u3 で修正されています。

安定版(stable)ディストリビューション(jessie)では、これらの問題はバージョン 1:6.7p1-5+deb8u1 で修正されました。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=810984

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-0777

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-0778

https://packages.debian.org/source/wheezy/openssh

https://packages.debian.org/source/jessie/openssh

https://www.debian.org/security/2016/dsa-3446

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87934

ファイル名: debian_DSA-3446.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/1/15

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:openssh, cpe:/o:debian:debian_linux:7.0, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/14

参照情報

CVE: CVE-2016-0777, CVE-2016-0778

DSA: 3446