VMware ESX / ESXi の複数の脆弱性(VMSA-2011-0007)(remote check)

high Nessus プラグイン ID 89676
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの VMware ESX / ESXi ホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

リモートの VMware ESX / ESXi ホストにセキュリティ関連のパッチがありません。
したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- バンドルされたバージョンの MIT Kerberos 5(krb5)に、複数の偽造脆弱性が存在します。攻撃者がこれらの問題を悪用して、クライアントになりすまし、権限を昇格し、機密情報を漏洩する可能性があります。
(CVE-2010-1323、CVE-2010-1324、CVE-2010-4020、 CVE-2010-4021)

- カーネルでは、スタックとヒープを不適切に分離しているため、do_anonymous_page() 関数にローカルな任意のコードの実行の脆弱性が存在します。ローカルの攻撃者が、この脆弱性を悪用して、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2010-2240)

- サービス拒否の脆弱性が存在するため、リモートの攻撃者が、利用できるソケットを使い果たすことで、それ以上の接続を阻止する可能性があります。(CVE-2011-1785)

- Likewise Open において、バンドルされたバージョンの lsassd に、サービス拒否の脆弱性が存在します。リモートの攻撃者が、これを悪用して、無効なバイトシーケンスを含むユーザー名を指定して Active Directory にログインを試みることで、デーモンをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2011-1786)

ソリューション

ESX バージョン 4.0/4.1 または ESXi バージョン 4.0/4.1 に関連するベンダーアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2011-0007

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2011/000133.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 89676

ファイル名: vmware_VMSA-2011-0007_remote.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2016/3/4

更新日: 2021/1/6

依存関係: vmware_vsphere_detect.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2010-2240

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esx, cpe:/o:vmware:esxi

必要な KB アイテム: Host/VMware/version, Host/VMware/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/4/28

脆弱性公開日: 2010/8/17

参照情報

CVE: CVE-2010-1323, CVE-2010-1324, CVE-2010-2240, CVE-2010-4020, CVE-2010-4021, CVE-2011-1785, CVE-2011-1786

BID: 42505, 45116, 45117, 45118, 45122, 47625, 47627

VMSA: 2011-0007