CentOS 6:カーネル(CESA-2016:2766)

high Nessus プラグイン ID 94980
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

カーネルの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。カーネルパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。セキュリティ修正プログラム:* procfsでecryptfsをマウントし、/proc/environをマッピングして再帰を作成することで実証されているように、Linuxカーネルのprocfsにファイルシステムをスタックすると、深いネストによりカーネルスタックがオーバーフローする可能性があることがわかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、システム上で権限を昇格させる可能性があります。(CVE-2016-1583、重要度高)* s390xで、4つのページテーブルレベルのあるプロセスのforkにより、さまざまな症状のメモリ破損が引き起こされることが報告されました。すべてのプロセスが3つのレベルのページテーブルとアドレススペースに対する4TBの制限で作成されます。親プロセスに8PBの制限のある4つのページテーブルのレベルがある場合、アドレススペースを重複する関数が、子プロセスのアドレススペース制限の外のメモリ領域をコピーしようとします。(CVE-2016-2143、重要度中)バグ修正プログラム:* Highメモリがマッピングされたマルチスレッドワークロードの使用で、コンテキストスイッチとページテーブルのアップグレードの競合状態によりカーネルパニックが発生することがありました。この更新では、asce_bitsパラメーターの代わりにcomplete asceパラメーターを使用してswitch_mm()を修正しました。その結果、前述のシナリオでカーネルパニックが発生することはなくなりました。(BZ#1377472)* iptablesがTCP(トランスミッションコントロールプロトコル)リセットパケットを作成したとき、SKB(ソケットバッファ)内のTCPヘッダに初期化されていないポインターによりカーネルクラッシュが発生する可能性があります。この更新により、IPv4とIPv6の両方のTCPリセットでトランスポートヘッダのポインターが修正され、前述の状況でカーネルがクラッシュしなくなりました。(BZ#1372266)* 以前は、EEH(エラー処理強化)メカニズムがPCI設定空間へのアクセスをブロックせず、エラーが検出されるとカーネルパニックが発生していました。この更新ではEEHを修正することで、この問題が修正されています。その結果、前述のシナリオでカーネルパニックが発生することはなくなりました。(BZ#1379596)* lockdサービスを完全に起動できなかったとき、通知チェーンに通知ブロックが複数回登録されることがあり、通知チェーン上に循環リストが発生していました。その結果、ソフトロックアップまたはカーネルエラーが発生しました。この更新により、lockdが完全に起動しない場合は通知ブロックが登録されず、前述の状況下でソフトロックアップまたはカーネルエラーが発生しなくなりました。(BZ#1375637)* FCoE(ファイバーチャンネルオーバーイーサネット)が設定されているときに、FCoE MaxFrameSizeパラメーターが不適切に1452に制限されていました。この更新により、NETIF_F_ALL_FCOEシンボルが無視されなくなり、前述のバグが修正されます。MaxFrameSizeが正しい値である2112に制限されるようになりました。(BZ#1381592)* fnicドライバーがCisco UCSブレードサーバーにインストールされているときに、ディスクが特定の状況下で次のエラーメッセージを表示してオフライン状態になりました。「媒体アクセスのタイムアウトエラーです。ディスクをオフラインにしています」この更新ではfnicが修正され、中断操作が完了した後、SCSI(スモールコンピュータシステムインターフェイス)ステータスがDID_ABORTとして設定されます。この結果、前述の状況下でディスクがオフライン状態に移行しなくなりました。(BZ#1382620)

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?de352231

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 94980

ファイル名: centos_RHSA-2016-2766.nasl

バージョン: 3.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/11/21

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-1583

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:kernel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-doc, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-firmware, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-headers, p-cpe:/a:centos:centos:perf, p-cpe:/a:centos:centos:python-perf, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/11/19

脆弱性公開日: 2016/4/27

参照情報

CVE: CVE-2016-1583, CVE-2016-2143

RHSA: 2016:2766