Palo Alto Networks PAN-OS 6.1.x <= 6.1.20/7.1.x < 7.1.21/8.0.x < 8.0.14/8.1.x < 8.1.4の複数の脆弱性(PAN-SA-2018-0015)

medium Nessus プラグイン ID 123512

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているPalo Alto Networks PAN-OSのバージョンは、6.1.20を含む6.1.x、7.1.21より前の7.1.x、8.0.14より前の8.0.x、8.1.4より前の8.1.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。- TLSハンドシェイク中の例外状態の処理の失敗による、OpenSSLにあるサービス拒否(DoS)の脆弱性。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用し、悪意のあるサーバーを介して、クライアントに大きな素数値を送信する可能性があります。その場合、この素数のキーを生成するために不当に長い時間を費やし、クライアントが終了するまでハングさせる可能性があります。(CVE-2018-0732)- キャッシュタイミングのサイドチャネル攻撃によるOpenSSL RSAキー生成アルゴリズムにある情報漏えいの脆弱性。認証されたローカルの攻撃者がこれを悪用し、RSAキー生成プロセス中のキャッシュタイミング攻撃を介して、秘密キーを回復する可能性があります。(CVE-2018-0737)- 再帰的な定義を持つ構築されたASN.1タイプによる、OpenSSLにあるサービス拒否(DoS)の脆弱性。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、過剰な再帰を伴う悪意のある入力の作成を介して、サービス拒否攻撃を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-0739)

ソリューション

Palo Alto Networks PAN-OSバージョン7.1.21/8.0.14/8.1.4以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?dc854806

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 123512

ファイル名: palo_alto_PAN-SA-2018-0015.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

公開日: 2019/3/29

更新日: 2021/4/1

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-0737

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:paloaltonetworks:pan-os

必要な KB アイテム: Host/Palo_Alto/Firewall/Version, Host/Palo_Alto/Firewall/Full_Version, Host/Palo_Alto/Firewall/Source

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/11/20

脆弱性公開日: 2018/11/20

参照情報

CVE: CVE-2018-0732, CVE-2018-0737, CVE-2018-0739

BID: 103518, 103766, 104442